成化十四年~都に咲く秘密~37話あらすじ感想ネタバレ

スポンサーリンク

ねじです。

中国ドラマ「成化十四年~都に咲く秘密~」37話 あらすじ感想ネタバレ!パチパチー

前回は…
ドゥルラとアラスの馬車で博浪が爆発し李子龍はその威力に驚嘆する。
爆発現場をさまよう唐泛を隋州が連れ出す。
街中で犯人を追う隋州は動けなくなり薛凌に救われる。
冬児が料理をふるまうが隋州は3口でやめてしまう。
西廠に連れてこられた唐泛は職を辞すると言い出す。

ここからネタバレ注意!

辞職すると言う唐泛に汪植は事件を解明できるのは自分だけだとわかっているはずだと言う。

わーい!前回の記事で汪ちゃんとおんなじこと考えてた~♪

去りたいなら去れ…トコトコトコ…クルっ!よし!戻ったっ!

唐泛が牢の王憲に拳銃を渡すと興味を示し解体し始める。

これ絶対メカ感とかだな、あと次元大介も思い出した、山を下りながらマグナム組み立てるとこ、ってこれ汪ちゃんの銃かw。

自分たちとは思考法が違うっていう見方、裴准に聞いて来たんだね、推理ものにナイスな医者キャラ必須だな。例えば~今ちょっと思いつかんけどw
王憲の生きづらさを思う唐泛の善良さ。心を開く呼び水って汪ちゃん、髭郡主かーい!はっ!?今気づいた、これルネッサーンス!?そんなつもりなかったわ

唐泛と汪植は章鞏柱を呼んで話を聞く。

ふっ、墓穴を掘り始めたな髭郡主、研究のことは知らないってとぼけるくせに王家のことに詳し過ぎだ。

汪ちゃんのちょっとした表情に期待したけど、役に立つから面会させろって決め手だと思ったけど、ダメかーーーー!くぅー!

スポンサーリンク

朝廷の各部署の記録、機密も全部見たいっていう唐泛、友達じゃなかったら罠…。

汪植は成化帝に六部五寺六科と都察院の記録簿を機密も含めて見たいと願い出る。

汪ちゃん唐泛には軽ーく即答してたけど、これって命がけってことだよね、だから罠か。
重い荷を背負い過ぎだよ、ピリピリ人生じゃん。なんだその人生

事件解決のためっていう汪ちゃんに警告しつつ許可してくれた陛下の英断。
だけど…去り際の「しっかりやれ」が「失敗したらわかってるな」に聞こえて怖い。万歳万歳万々歳

順天府に各所からの記録が届き唐泛は冬児を呼ぶことにする。

やはりここは天才少女を召喚。
師兄もびっくりな書類の量だけど、汪ちゃんの命かかってるから警備よろ。

心配し食事をすすめる冬児に隋州は声を荒らげる。

さっきも食材捨ててたし、温かいもの食べてほしくて待ってたのに。

こんなにお腹から声出す隋州はめずらしい、冬児もびくって。
しかーし天才少女は負けない「隋広川!」どっちが大人なんだか。
心配しなくてすむって突き放してるけど、それっていつも心配してるってことでしょ、隋州よ語るに落ちてるぞ。

唐泛は潘賓から記録簿を手にすることの意味について聞く。

やっとわかった?罠って言われた意味、全ての機関の監察権を持って失敗したら…。
汪ちゃんに何をさせちゃったか、汪ちゃんがどれほど唐泛のこと信頼してるか。
フム気合入ったようだな、師兄グッジョブ!

武庫司の帳簿を出すよう命じられた章鞏柱は翌日提出すると言う。

整理?そのまんま出さなきゃ意味ないでしょ書類、なめてるのか。
その目つき隠滅する気しか感じない。

隋州たち錦衣衛は馬車の残骸を集めて調べる。

「西廠の窮地だ」錦衣衛から出る言葉じゃないよ、聞いたか!アホ万弟と東のじじい。
正しいことがしたい隋州にとって組織の枠は関係ないし、汪ちゃんの命かかってるからだよね?ここ若干確信が持てない…

スポンサーリンク

王憲が常時携帯してた箱、オイラトっぽいからってウユンに聞きに行くんだけど、広ちゃんちょっと敷居が高いのねん。
大丈夫、ウユン懐深いのは見た目だけじゃない。

隋州は手がかりを求めて王憲の部屋を捜索しようとするが章鞏柱に阻まれる。

髭郡主め、過剰な抵抗が馬脚ってるわ!覚えてろよ!それ負け犬のセリフ

章鞏柱が武庫司の記録簿を順天府に持ってくる。

師兄の表情がちょっと気になってまさか?!と思ったらなんでもなかった、紛らわしい。勝手な誤解
あんな早送りで記録読んで疲れてるんだな、許す。なんでや

武庫司に侵入した隋州たちは日付の書かれた不審なメモを見つける。

あっさり引き下がったと思ったら忍び込むんか。w

以前の皇帝の崩御とかの日付、武闘派の君たちが見てても埒が明かないぞ、GO!

唐泛と汪植は章鞏柱と汪植の面会を許す。

2人もーいいでしょ、もー気付こう!うずうず

くっそー髭郡主だけに髭でブロックサイン出して来た、なんか命名すごく合ってるじゃん。自画自賛
サインの意味は分からないがとにかく伝わったようだ。

ふっ、髭郡主詰んだな、はせ参じるなんて王憲に対する思いがダダ漏れして墓穴に流れ込んでるぞ!
さあ、これでいけたよね唐&汪。派生ユニット

隋州は怪しいメモを持って順天府に来たが中に入るのをためらう。

ブウが「兄貴入んないんすか?んじゃ俺ちょっくら行ってくるっすよ」って言ったそうは言ってない時の隋州の顔ったら。

成化女子部(他のメンバーは姉上・ドゥルラ泣・貴妃・青歌…全員じゃん)強いな「唐泛留守や!いつまですねとるん早よ入らんかい!」そうは言ってない
隋州すねてたんだ、そういう風に思ってなかったよ、でも冬児からのこんな扱いが隋州は嬉しいっていうのはわかる。

さあ天才データベース少女(ソフトS)の言うことをききなさい。
こんなものは兄貴に食べさせられんって自分が食べたいブウに冬児のペチン!
でも、もしかして兄貴が食べないからブウも控えめにして…るわけないな。

意味不明だった日付は章鞏柱の配属日!さすが西廠督公汪植も認める天才。
髭郡主ロックオン!

汪植は章鞏柱を連行するように命じるが捜索しても見つからない。

唐泛と汪ちゃんも同じ結論に達してた、だけどまだだれも章鞏柱が付け髭って気づいてないんだ、なんだよもー。そこじゃない

タイミングは線香で計るのね、2本指ピ!いいね、好き。
お!ブウが重力を無視してふわ~ん…落ちた。w
な~にやってんだブウ、おめぇは軽功じゃなく「気」を使わねえとまた落ちっぞ。

えっと皆さんどこも空振りのようですが、郡主府です。

李子龍は青歌から章鞏柱が王憲を操っていたと報告を受ける。

どうなってるんだ西廠のセキュリティ!ざるか?まさか…枠?
青歌も「唐泛の調べでは」って唐泛が漏らしたみたいに聞こえるし。

李子龍どこか具合悪いん?

大事な場面で汪ちゃんと思ってることが同じでニヤついてしまった。
偏見を持たず理解しようとする唐泛と裴准、みんなこうならいいのに。
朝廷のことに疎い唐泛を友と呼んで責任を背負う汪ちゃん、メンタルが強すぎるのが捜査のことより心配だよ。
隋州を救うのはまず冬児だったのね、締めは唐泛って感じかな。

←36話へ   38話へ→

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました