「孤城閉~仁宗、その愛と大義~(清平樂)」3話 あらすじネタバレ感想 中国ドラマ

スポンサーリンク

ねじです。

中国ドラマ「孤城閉~仁宗、その愛と大義~」3話あらすじネタバレ感想ぱちぱち~!

この先ネタバレです!

  1. 晏殊は都を出る準備をしながら王相に申し訳ないと言う。
  2. 晏殊は幼い趙禎と過ごした時を思い出す。
  3. 皇太后が奏状を受け取り玉清昭応殿に同行するよう命じたと晏殊に知らせが来る。
  4. 朝議で晏殊の処分について議論がなされる
  5. 安宅を訪れた趙禎は一つだけ聞きたかったと言い話し始める。
  6. 科挙に関する范仲淹の意見を読んだ趙禎は納得して文を書く。
  7. 范仲淹は応天府書院の入口で講師と生徒たちから侮辱される。
  8. 1人の生徒がやって来て講師が「礼」で生徒にいじめをさせるなど偽君子だと批判する。
  9. 晏殊の一行が到着し、曹丹姝は伯父のことははったりだから逃げようと言う。
  10. 梁生は病状が悪化し手の施しようがないと診断される。
  11. 季節が巡り梁家を訪ねた韓琦は、荒れ果てた家で紙銭を見つける。
  12. 正殿で進士の上位合格者を発表する趙禎、韓琦は2位の榜眼に選ばれる。
  13. 皇太后以下後宮の女たちも揃う中、皇太后は禾児に状元をどう思うかと訊ねる。
  14. 上位者に質問する趙禎を見て、以前出会っていたことに気づいた韓琦は顔色を変える。
  15. 禾児は未来の大臣候補に興味を示さない、もっと高貴な人の妻になりたいのだろうと皇后は言う。
  16. 出店の規制の経緯と弊害を説明する趙禎、韓琦は二度と机上の空論を言わないと言う。
  17. 夜、趙禎は1人紙銭を見つめてうなだれる。
  18. 皇太后は宮中に残りずっと趙禎の側にいたいかと禾児に訊ねる。
  19. 皇太后は、民のため自責の念に駆られ心を痛める趙禎の慈悲深さが嬉しいと言う。
  20. 趙禎は1人にしろと言い自室に閉じこもる
  21. 皇太后は趙禎の書の一節について禾児に読み聞かせ、趙禎は身に染みただろうと言う。
  22. 朝議で遼からの申し入れについて報告があり、趙禎が考えを述べると大臣は強く否定する。
  23. 第3話 感想

晏殊は都を出る準備をしながら王相に申し訳ないと言う。

占いで異動になると出たってwどういうこと。

晏殊は幼い趙禎と過ごした時を思い出す。

今日は普通の授業ではなく外で過ごして梅餡の酥餅も食べよう、聞いて喜ぶ幼い趙禎。
ちび禎かわいいーーー!この子もいっぱい結んでる。

雨を気にすることなく歩きながら詩を読む晏殊。詩の内容はスルー多分趙禎がらみテキトー

皇太后が奏状を受け取り玉清昭応殿に同行するよう命じたと晏殊に知らせが来る。

入口で重臣たちが整列していると、晏殊は笏を届けに来た従僕を叩く。なに急に切れキャラ?

晏殊の奏状を読んでいたところに騒ぎの報告が来て、心得ている何を?と皇太后は笑う。

朝議で晏殊の処分について議論がなされる

歯が折れたの?!晏殊実は鍛えてるの?そこ?

重罪を望む声が多く、趙禎は皇太后に一任するしかない

皇太后は、晏殊は有能だが驕るところがあり人を傷つけると言い…

現職の枢密副使アホの新長官の次の地位と刑部侍郎司法副長官を解任。
体のいい都落ちポスト応天府長官と淮安節度使に任ずる。

中書門丁平章事もう調べる気にならん…の張耆を枢密使に任ずる。
省試科挙の2次試験が近いため王曽さっきの王相?の補佐を呂夷簡に命ずる。

皇太后スラスラ言う、膨大な数の役職把握してるのか?

スポンサーリンク

安宅を訪れた趙禎は一つだけ聞きたかったと言い話し始める。

趙禎は論語の一節門番も孔子を語るのかそこじゃないを引き合いに晏殊も理想主義だと言う。
皇太后の怒りを買うのを承知で上奏したのも不可能な理想を追うためだ。

その理想が善なら、不可能だとする君主は暗君か?趙禎は晏殊に問う。

晏殊は非礼を詫び、正邪陰陽は必ずあり、陛下は勧善懲悪の侠客や判官ではないと言う。腹芸要るってこと?

名君になるには公平に善悪を判断しフム心を鏡とする…わかるようでわからないこと。
凄まじい力はっとする強い表現だなで荒波を治めなくてはいけない。

人事批判への報復ではなく、失態の罰として左遷されるのだと晏殊。
叩いたのはこれを狙った行動で皇太后は聞いた瞬間それを悟ったのか、腹芸姉弟。

趙禎は教えに感謝し生涯忘れないと笑顔で言う。

科挙に関する范仲淹の意見を読んだ趙禎は納得して文を書く。

科挙の合格基準が文の内容ではなく美しさになっているなにそれバカなの?が、しがらみが多く改善できない。
試しに書院ざっくり学校の教育改革をしてはどうか。

趙禎は范仲淹を書院へ送り改革してほしいと晏殊に文を書く。チーム趙禎入り決定!

范仲淹は応天府書院の入口で講師と生徒たちから侮辱される。

みすぼらしい姿でろば車を引いて来た范仲淹。あー!予備知識極力入れないから楽しいー!ついに賢者の役?殿下の息子で明蘭の父w

小賢しく礼を論じた生徒たちは鼠以下は生きる価値がないとはやし立てる。クソじじい&クソガキ

1人の生徒がやって来て講師が「礼」で生徒にいじめをさせるなど偽君子だと批判する。

颯爽と現れたこの子は…女の子だよね?

曹丹姝ねっがそんな学問に価値はない、伯父に頼んで閉鎖させると言うと、范仲淹は書院にも礼にも過ちはないと諭す。

晏殊の一行が到着し、曹丹姝は伯父のことははったりだから逃げようと言う。

范仲淹は迷っていたが今の出来事で書院に残ると決心したと言う。

晏殊は范仲淹の姿を見て、役人になっても畑仕事をやめない第5代皇帝@明蘭みたいのだなと笑い、農耕の体験の必要性を生徒たちに教える。小僧ども急に素直になるけども

スポンサーリンク

梁生は病状が悪化し手の施しようがないと診断される。

梁生本人が薬の処方を変えていた。お金ないの?
薬の値が高騰した上、梅の薬剤漬けが流行したせいだと妻が言う。

季節が巡り梁家を訪ねた韓琦は、荒れ果てた家で紙銭を見つける。

季節のことは緑の濃い木が映ったからそうかなーって。テキトー

亡くなったんだね、でも店は趙禎が守るはずだったのにどうしたんだろ、あの賢い子は?

正殿で進士の上位合格者を発表する趙禎、韓琦は2位の榜眼に選ばれる。

殿下来たーっ!ぱちぱち~まぎらわしいけど王凱=殿下で刷り込まれちゃってるからw。

韓琦って言う時の趙禎の顔、嬉しがってる&面白がってる。

皇太后以下後宮の女たちも揃う中、皇太后は禾児に状元をどう思うかと訊ねる。

状元=主席ね

禾児が見た目はよくないが君子だと答えると、皇太后は韓琦についても訊ね、婿にどうかと言い出す。
断る禾児にどんな者ならいいのかと言う皇太后、禾児は答えない。
この子はあのこましゃくれた美少女だね、薄い顔になっちゃったな適合度低し。

上位者に質問する趙禎を見て、以前出会っていたことに気づいた韓琦は顔色を変える。

やばいやばいやばいみたいな?w趙禎は楽しそう

趙禎が若いが優秀だと褒めると、以前は若く思い上がっていたと返す韓琦。

民の暮らしの役に立たない時代遅れの制度は、若さがないと改革できないと趙禎は言う。重臣映る→老害ってこと?w

出店の規制に意見があるだろうと問われ、調べが不十分なのに適当なことは言えないと言う韓琦。
ニヤニヤ皇帝趙禎は自分が代わりに話すと言う。

禾児は未来の大臣候補に興味を示さない、もっと高貴な人の妻になりたいのだろうと皇后は言う。

残念な皇后だな、禾児が側室狙ってるから牽制したってこと?
禾児はどう見ても皇太后のお気に入りなのに。

皇太后の人選よくわからない。
あ、皇后がバカで側室は賢いとうまくいくっていう考えか?うーん。

スポンサーリンク

出店の規制の経緯と弊害を説明する趙禎、韓琦は二度と机上の空論を言わないと言う。

基本的に同じ意見なのにびびりすぎじゃない?

以前は果敢だったのに今は従順になった、初心を忘れたのかか?と問う趙禎。
民に奉仕し陛下の憂いを分かち太平を守る、忘れていないと答える韓琦。

出世の妨げになるのを恐れたかと趙禎。
韓琦は否定し、梁家の悲惨な末路なんやて!?を見て善意による軽率な言動が人を傷つけると知ったと言う。
そうなんだよね「よかれと思って」って始末が悪いの、悪気がないから余計。

不安な表情を浮かべる趙禎に韓琦は言う、身分の高いものはなおさらだと。もう趙禎やらかし決定

趙禎はならず者を投獄したがその報復のせいではない。
高貴な者が梅の砂糖漬けを好んだ影響で、裕福な者たちが梅を買いあさった。
同じく材料となる薬も買われ、どちらも値が高騰してしまった。

あーこういうことだったのか、これを言う気だったらビビるのもわかる。

これは…趙禎の責任なのか?
陛下がお好きなのよーとか言ってレシピを流出させた後宮とか、この機に買い占めただろう商人だって悪い。
でも最高のインフルエンサーなんだよね、今だってキャサリン妃のバッグとか売れるもん。

夜、趙禎は1人紙銭を見つめてうなだれる。

あぅ…そんなこともあるよ。雑な慰め

それにしても、言ってのけた韓琦はただ者じゃない。
皇帝のやらかし指摘なんて命がけだもん。
ここまで趙禎をへこませたとは思ってないだろうけど。

皇太后は宮中に残りずっと趙禎の側にいたいかと禾児に訊ねる。

趙禎をうっかり六郎兄さん兄さま呼び希望wと呼んでしまった禾児を皇太后は責めない。お気に入り
禾児が側にいたいと答えると、皇太后はさっき作った梅の切り絵を持って皇后に挨拶に行くように言う。

皇后に嫌われていると言う禾児に、後宮の主に忠誠を尽くすと皇后と周囲の者に信じさせよと言う。
うわ、信じさせるだって本心はいいんだw、さすが皇太后現実的!
できなければ宮中には残れない、趙禎に頼ってはいけない。
そうだね、自分の力で渡っていかなくちゃ。

スポンサーリンク

皇太后は、民のため自責の念に駆られ心を痛める趙禎の慈悲深さが嬉しいと言う。

うん、心がきれいなのよ。

「偶然の重なりが生んだ不幸」梁家の出来事なんて言い表せばいいかわからなかったけど、皇太后が上手くまとめてくれた。

禾児は反省の前に食事をとるよう趙禎に命じてほしいと言う。
食べてないの?それは玉体によろしくない
皇太后は、趙禎は民を最優先にしている、心の整理がつけばよくなると言う。

皇帝が体を顧みず倒れてしまっては政が滞り民のためにならないという禾児。賢い
皇太后は禾児を褒め、趙禎にそう言うように促す。禾児が適任

趙禎は1人にしろと言い自室に閉じこもる

禾児は自分が行くと言い部屋に入る。
中身は前と一緒じゃないか趙禎、さすがに隠れてはいないけども。

母や姉と元状を見に来たという禾児。禾児が顛末を知ってやって来たと悟ったね

粥を作ったから味見をしてほしい、食欲のない趙禎が食べたなら家族も腕を認めると禾児。
皇太后にそう言えと言われたのかと趙禎。話にそつなさ過ぎて疑われた…

書に「富貴に生まれたなら慎み深く生きよ」の文字。確かにいいことしたぜって奢りはあったな

皇太后の伝書鳩フルッフーと言われ傷ついた禾児は泣きながら出て行く。落ち込むあまり判断力が…

皇太后は趙禎の書の一節について禾児に読み聞かせ、趙禎は身に染みただろうと言う。

それは太祖が永慶公主に言った言葉で、「悪行の片棒を担ぐな」と皇太后は続ける。

この太祖が~って話、今回のことに酷似してる。

公主がイケてる羽の飾りをつけてるのを見た太祖が、それはあかーん!と、は?って反論したら…
インフルエンサーの皇族が身につける→後宮やら臣下やら真似して張り合う→羽の値が高騰→貧しい民は仕事ほったらかして羽(鳥)捕りに→転売厨もいるしで も~大変→民の日常生活ざわざわさせるやん。
「この桶屋が儲かる的ストーリー」は公主のやったことのせいだぞって。

皇族とは僅かなことでも民に影響を及ぼす存在。
天下を統べるが、同時に己の物は持たないここちょっとよくわからないと皇太后。

スポンサーリンク

朝議で遼からの申し入れについて報告があり、趙禎が考えを述べると大臣は強く否定する。

遼の使節団の席次を上げてほしいと言うセンター争い的な?要求を拒否したと程琳が報告し皇太后は妥当だと言う。

些細なことだから許可をと言う趙禎の言葉を大声で誰に向かって言う!否定し、膝をついて罰を乞う程琳。
要求を拒否することは命に代えても諫めると譲らない。

先帝の決定事項であり、認めれば相手は付け上がり最終的には領土すら要求するかもしれない。途中で気付くやろ

夏竦が、趙禎のおおらかな考えは帝王らしいが褒めてない…心の狭い自分たちは細部を気にするのだと言う。

趙禎は、それならば程琳に一任すると言う。また言わされた

第3話 感想

趙禎がついに殿下(王凱ワン・カイ)にーー!ぱちぱち~!
だけど中身はまだ子ども、謎の美少女→禾児に気を遣わせるのはそのままに大きな体で八つ当たりって困ったね。

「禾児」既視感…、思い当たるのは「開封府」。
でも確認したら周児だった、児しか合ってないw児はみんなついてるし。ぼんよよよ~ん
ちなみに周児好きじゃなかった要らん情報

腹芸の出来る貴重なブレーン晏殊との別れ、ずいぶんあっさり不安気でもなく。
実務の悩みにまで達してないからかな。

殿下趙禎になってどうかと思ったらまだ大臣になめられてる、そんなに時間が経ってないんだな。

チーム入り確実の范仲淹、常連っていうかレギュラー。
范仲淹の役は勝手に夏竦みたいだと思ってたw。
呂夷簡・ 范仲淹 ・ 夏竦 の3人、名付けてデラエンブラザーズ!ばーん!
※東陽正午陽光影視=DAYLIGHT ENTERTAINMENTってことでw。…これは…いかがなものか

今回のメインのお話、皇帝がダメなのは真実を知らされないからで、それを変えたいって言ってた通り辛い真実を告げたね、韓琦。
これを機に2人の結びつきが深まればいい。

禾児との会話聞いてて中国語はわからんけども皇太后は趙禎のことよく考えてくれてると思った。
ただ温かく包み込んでくれるお母さんでは、趙禎の立場だと足りないもの。
先帝が元気で厳しい係やってくれるならいいけど。

茂ちゃんが少ない…。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました