成化十四年~都に咲く秘密~28話あらすじ感想ネタバレ

スポンサーリンク

ねじです。

中国ドラマ「成化十四年~都に咲く秘密~」28話 あらすじ感想ネタバレ!パチパチー

前回は…
汪植達は避難し丁容のみで李子龍の残した武器の解体を試みる。
隋州は襲撃計画を練る李飛たちのアジトに潜入する。
成化帝に李子龍について報告した汪植は情報を伏せていたことを指摘される。
湖畔で李子龍と密会した丁満は小さな壺を受け取る。

ここからネタバレ注意!

銭荘の下見をした李飛一味は犯行後の逃走計画について話す。

現金輸送車的な馬車とALSOK的な男たち。

真の悪人じゃない李飛たちに大きな罪を犯させたくない隋州、さらっと計画の穴を指摘、応援したいし邪魔したいし。

散々迷惑かけてまだ家に転がり込もうって言い出す李游、隋州に恨みがあったわけでもないのに予想は外れ、錦衣衛なら一括りに何してもいいって世間の常識なのか。

強奪した金の半分は戦死した仲間の遺族に、全員異議なしの気のいい仲間たち…ってなる?ならん。
だけど、ますます憎み切れない悪者(≠悪人)隋州の表情ったらw「なんだよみんないいヤツじゃないか、だからって見逃せないし、もーどうしろってー」とかかな。

長年従軍してた帰還兵に居場所がない、虐げられた親の仇を討ってお尋ね者。
すごく気の毒だと思うよ思うんだけど、犯罪を正当化はできない。鬼?

オイラトが敵の歌合唱、錦衣衛もオイラトも集団じゃなく1人を見ればいいのに。

汪植は歓意楼の女将から5万両をつぎ込んで名妓を引き抜いたと聞かされる。

遼東の2年分の軍用金?!全陳将軍が泣いた、どんな美女よ。
この店の売り上げが莫大なものじゃないと払えない、めちゃめちゃぼったくってるの?

女将は李子龍のこと単にお金を落とすただの客みたいに言ってるけど、妓楼の女将の言うことを鵜呑みにはしない。

強盗一味は犯行後の夢を語りあう。

あ…これ語っちゃいけないやつ、だめだ―リレーしちゃってるよ。

隋州は?…この世から消える?ちょっと何の例えなんだろ、死亡フラグじゃないからいいか。

人気のない北鎮撫司で万通は人員がどこへ行ったのか訊ねる。

管理能力ないくせに知りたがる。
ブウが動員したって聞いてそうなんだーとはならない、人員集めてどうする。

待機したチームが一味を捕縛する作戦だったが万通たちが現れてぶち壊しになる。

人質が抵抗して殺されかけるけど止める隋州、潜入中こういう判断難しい。

アホ万弟、状況も確認せずに出てきたようだけどピンポイントでこの場所このタイミング、ウザさの神に愛されてるのか。

また!隋州の表情ったらwww「何でここなんだよ勘弁してくれよもー」で合ってる?
流れで歓意楼になだれ込んじゃった。

スポンサーリンク
立てこもる一味に向かって万通は汪植を傷つけるなと言う。

女将強気に出たらめちゃめちゃ叩かれちゃった、気の毒。

隋州と賈逵でこの場を制圧は無理かなぁ。

アホ万弟言うと思ってたよ「仲間だろ」って、「まともな上司なら報告して動いたわ!」ブウ心の声。

隋州素直に名乗っちゃった、錦衣衛は人質いたって気にしない組織だって、最悪の事態だけは避けたい。
そーれーなーのーにっ!やってくれたなアホ万弟!
ちゅうもーく!人質に要人いまーす!こっちこっち~!あははは~!
ダイハードのアホ記者とユニット組んでドサ回りさせてやる!その前にホリーのパンチな。

汪植は名乗り出るが攻撃を受けて動転した小弁子が人質を殺してしまう。

汪ちゃんと隋州の立場が悪くなるなら事件の解決も人質もおかまいなしか。
無差別に射るメリットなんてないのに、解決能力の描写は見たことないけど事態悪化能力が高いのは確かだ。

死人が出なければ懲役でいけたのにさらに状況悪くなった、隋州の気遣いが台無しよ。

東のじじいも来た、何しに?
は?犯人じゃなく捜査機関が立てこもり場所に放火するん?
あー妓楼オーナー羨ましかったのか。

李飛はこうなったのは朝廷が自分たちを気にかけなかったからだと言う。

それはどうだろうか?同じ境遇の人いると思うけどみんな強盗しないよね。

東のじじいも暗躍っていうかバレバレ、西廠を率いる丁容に汪ちゃんが死ねば後釜に座れるって。
それ信じるのと汪ちゃんの部下でいるのどっちが安全なんだろ。

事件のことを知った唐泛は歓意楼へ向かう。

死に瀕した唐泛は友のため壮絶な覚悟…、なんてねw主人公この話数で死なないってわかってるからゲームやアニメとは違うへらへらしながら観てるw。

李飛たち強盗一味の事情、酌むべきところはあると思う。
同じように命懸けで戦ったけど、そのあとセレブの隋州にはない苦労をしてる。

隋州は最悪の状況に陥らせたくないって思ってたのに結局「朝廷高官人質立てこもり事件」に発展しちゃった。
大活躍のアホ万弟、こいついつか泣かす。

←27話へ   29話 coming soon

タイトルとURLをコピーしました