成化十四年~都に咲く秘密~25話あらすじ感想ネタバレ

Baidu
スポンサーリンク

ねじです。

中国ドラマ「成化十四年~都に咲く秘密~」25話 あらすじ感想ネタバレ!パチパチー

前回は…
都の家に賊が侵入し安全のため裴准が泊まり込むことになる。
唐泛の願いで死罪を免れた馬林だったが息子を盾に脅され毒酒を飲む。
成化帝は権力を握った時の汪植が心配だと貴妃に話す。
唐泛たちは帰途罠や襲撃にあいながらも都に辿り着く。
李子龍が唐泛の前に現れ不気味な視線を投げかける。

ここからネタバレ注意!

ある官吏宅を訪れ銀子を脅し取った錦衣衛が隋州と名乗る。

なんだか胡散臭い錦衣衛、アホ万弟の子分かと思ったら、また違う面倒くさいの出てきた。

は?誰って?
バカなの?こんなのすぐばれるでしょ。

家に駆け付けた唐泛はドゥルラを自分の身代わりにしたと隋州を責める。

唐泛の攻撃なんてパタパタされるだけなんだけど、どうしてだろって思ったらドゥルラの治療中。
名医裴准&助手姉上のおかげで上手くいったみたい、それだけ息が合ってるってことだな。
隋州も気が楽になったでしょ。

汪植はニセの隋州にゆすられたという訴えを聞くが口外しないように言う。

一官吏の些細なミスまで覚えてる、汪ちゃん相変わらずの田中角栄。
後ろ盾になるって、隋州を守るため?じゃなかった、真の狙いは汪ちゃんなのか。

スポンサーリンク

賈逵の登場w、ガキーンって仕掛けの中から…この演出いる?w
汪ちゃんの手、なんか小っちゃくてふわっとしてる!

隋州が作った料理を前に乾杯しようとするとドゥルラが血を吐いて倒れる。

唐泛の入浴シーンは、別にいいや、食べるの大好きなのに太らないね。
もしかしたら役に合わせてわざとペラペラなのかもしれない。どだろ

厨房、鍋まで壊すって嫌がらせが過ぎる、甕を土鍋に隋州の臨機応変。

呼吸が夫婦みたいな姉上と裴准、唐泛は望んでるみたい、親友だもん信頼してる。

かんぱ~いっ!!!何っ?毒矢か!
血糊の色は合格、この項目がどうしても気になるねじ。

隋州は汪植に協力を仰ぎ太医を呼ぶように頼む。

そうそう毒に詳しいんだった、分析に3日…ドゥルラ持つのか?

馬林は理由不明で自殺したことになってる。
やっぱり無駄な期待だったのかぁ、ほぼ5話で出番が終わっちゃうのになぜ集合写真に入れるのか紛らわしい!
と言ってたら…せしさんが教えてくださいました、いつもありがとうございます。
馬林役の俳優さんは李立群という台湾の名優で、この作品には友情出演という形で参加してますふむ
グアンホンとフー・モンボーも台湾出身だから尊敬する大先輩なんだろな、すとんと納得。

唐泛は取り乱して裴准を罵ったりするけど、みんながひたすら心配してどうにかしたいって出来ることやってる。
いい出来事ではないけれど、こういう様子見るとチームになったんだなって思う。
最初からチーム結成希望だったからよし!きっと助かるしね。それは言わないお約束

スポンサーリンク
登庁した汪植は成化帝に太医を派遣してほしいと願い出る。

万通アホだとは思ってたけどバカなの?汪ちゃんと東のじじいにからかわれたの2割くらいは真に受けてた?
2人診断だけじゃなく処方もしてやってよバカにつける薬。

新キャラだね丁満、悪い癖とは自覚してるけどはずしまくってるしどうも怪しい。じろじろり
汪ちゃんに罠しかけようとか、後釜に収まろうとかしてないか?おぉん
オイラトっていう単語に反応してたし。

まだまだ出てくる有能汪ちゃん、ちょこっと聞いた体調で陛下のメニューや処方を瞬時に判断しちゃう、これ間違えたら首飛ぶ項目だよね。知らんけど

これは汪ちゃん自然にできるのか学んだのか、太医のことお願いするとき「名前はドゥルラ」って言ってる、名前を言うことで物じゃなくて人として扱ってもらえるテクニック、人質とられた時のだけど。

李子龍は潰された名家の出か何かかと思ったけど、素性は知れないのね。
陛下の考え方もなんかすごい、とんでもない悪党でも使えるなら使う。
ダメなら生かしてはおかないんだけども。
馬林が言ってた相手の望むものを与えられればOKって陛下も同じ、天子計り知れない。万々歳

尚明は隋州が多くの官吏から金を脅し取ったと聞かされる。

汪ちゃんが口止めしても偽物が派手にやらかしてた。

アホ万弟に愚か者言われるの嫌や。
東のじじいは汪ちゃんがアホ万弟狙ってるって、ないわー相手にもしてないのに。
この呉越同舟コンビまーた悪だくむ。

ドゥルラのために太医たちが派遣されるがなす術がない。

いっぱいいてもダメなのね、皇族も毒盛られることありそうなのに。

この時代この時期、あるとすれば氷室しかないけど…皇室の?霜ならいいのかありがとう。
闇氷、店主は隋州に恨み「ここで会ったが」な態度でしつこくいやがらせ。
冬児はいたたまれなかったけど大丈夫、隋州もプライドより大切なものあるってわかってる人。
なんか共鳴したみたいな気になる。えへへ~

ブウが連行係むしろ他の人よりいい。
裏を取らずにとにかく捕まえるのか乱暴だな、さすがアホ万弟。

ニセの隋州と仲間は国境で殉死した兵の家で薪割りをする。

国境からの帰還兵、年配者のために薪割りするとこ見ると、根っからの悪人ではないのか。
李飛っていっても姓少ないから李子龍の縁者とは限らないし。

唐泛は解毒剤の実験台になるため毒矢で手を切る。

また裴准が実験台になるならないってやってるうちに唐泛がサクっと切っちゃった。もっと動かさないところがよさそうさが…
姉上は「バカなの?」って泣きながら、でも弟のことわかってくれてるよね。

ドゥルラのためとはいえそう簡単じゃないけど、裴准のことは医者としても男しても万が一の時は姉上を頼む!的な信頼してるから、こんなことができる。

万指揮使の尋問を受けた隋州は犯行時都にいなかったと繰り返す。

何回聞いても同じだって、何回書かせるんだ!バ・カ・な・の?
あ、聞くまでもなかったや。ごめんごめん

被唐泛やみんなは証人になれないの?
だいたい被害者連れてくればわかることでしょ。


間抜け感あり偽者コンビ、隋州を陥れてるのは誤解してるからじゃないかな、他の悪人が悪事を隋州のせいにしてて。予想せずにはいられない病

もう1人の新キャラ丁満はそこそこ狡猾そう。
結束したチームの名前は、うーん…「チーム成化」いまいちだな保留。

陛下は前もイカレ王の気持ちわかるって言ってたけど、今度は馬林と同じこと言うし使えるなら悪者でも使うって、政の責任者としてきれいごとだけではやっていけないんだろう。知らんけどby下々

←24話へ   26話へ→

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました