成化十四年~都に咲く秘密~23話あらすじ感想ネタバレ

スポンサーリンク

ねじです。

中国ドラマ「成化十四年~都に咲く秘密~」23話 あらすじ感想ネタバレ!パチパチー

前回は…
汪植は茶杯を預けた質屋を拷問するが証言は得られない。
唐泛が鉱夫の弾圧や李茂の拷問をするというたび馬林にとめられる。
皇太后の誕生日の宴で成化帝は流出したという茶杯を捨てる。
ついに銀の工房に案内された唐泛は加担するかどうか考えるように馬林に言われる。

ここからネタバレ注意!

馬林宅を訪れた李子龍は唐泛についての情報を伝え注意するように言う。

なんだ、ここも知り合いなのか、じゃあ万じいとも?

銀の工房は「私銀房」ネーミングひねりないね。

李子龍は唐泛のこと調べたのね、孤高、清廉、優秀。
馬林調べだと、美食家、女好き、子供じみた権力行使。
別人っ!
汪ちゃんの差し金かもって?…ピンポーン!

馬林の法則、相手の欲を見抜きさえすれば取り込める的な~
邪な目的でなければ有用なものかもしれない。

汪植は皇太后の命で跪く尚明に座布団を差し入れる。

小バカにしたっていうけどこんなの仕返しになってないよ、殺そうとしたくせになんだその態度は、しかも今回が初めてじゃないし。
汪ちゃんが対局見られる人じゃなかったらとっくに失脚させてるわ!
カッコ悪くて言えない茶杯の出どころ、もっと突っ込んでやればいいのに!

隋州はまた悪夢にうなされる。

屍を押しのけて…、血の匂いのするかどうか知らんけど靄の立ちこめた戦場、怖い怖い誰の手よ?!

訓練を受けた錦衣衛なのに、起きてもすぐには夢と現実の区別がつかないなんて。
唐泛は後回しにしないで話を聞き出してあげてよ、共有すれば楽になれるのに…。
でも、「お前がいる」→「心配するな」いいな~言われたい~…かなり救われてるのかも。

汪植は湖上に容疑者を集め尋問するが1人が水に飛び込んでしまう。

湖好きだねー、事後処理楽だから?想像怖いわ
この忠誠心、主は李子龍で人質取られてた、とか?

唐泛の状況を聞いた汪植は賈逵を派遣する。

唐泛の堕落を疑うっていうより危険を察知したって感じかな。

馬林と李子龍は唐泛を食事に呼び真意を探ろうとする。

李子龍に褒められて嬉しいふりしたり、不遇を愚痴ってみたり熱演唐泛。
馬林の方は都で助けられたって、それって偶然だったのか?

そのお皿の生き物なに?カンガルー?いないから
とにかく中で美食、隋州は外でピーナツww。
この段階で隋州狙う危なそうな男ってどこの?

「我々」そこそこの組織?派閥?ってことか。
汪ちゃん排除して陛下の悩みを取り除く…はい?
「天下のため」…はい?
いつから「天下」は「個人的野望」って意味になったん?

李子龍はやはり侮れない「面白い」って余裕のラスボス感。
馬林は私銀房に連れていくほど唐泛を信じてて一生懸命推す。
悪人は悪人なんだけど何か抜けてるっていうか、人間味あるっていうか。

「息子元気?」馬林にとってこれほど恐ろしい言葉はないのかもしれない。

スポンサーリンク
隋州は怪しい男と一触即発になるが別の男が現れたので立ち去る。

アクションシーンしばらくなかったんじゃない?わくわく。
お、賈逵も来た、どうやって場所分かったん?尾行?

あれ、賈逵だよね?に任せたとこで終わっちゃった、なんだつまらん。

家に戻った唐泛は李子龍たちとの会話で聞いた名前を書きだす。

酔ったふりして覚えるの大変だね。
白と黒に振り分けられる名前、真ん中に汪植…まだなんだ。

唐瑜のもとに澄から暴行を受けたという子供たちと親が押しかける。

経絡秘孔使ったの?
裴准の入れ知恵ってバラしちゃったw、姉上といい感じだったのに締め出された。

隋州は賈逵に会って雲南に来た理由を訊ねる。

賈逵の帽子なにこれ?育ちすぎて開いちゃったしいたけかぶって来たん?

できる男同士仲良くできないものか、汪ちゃんが唐泛殺すために寄こしたのかって、隋州もまだそんな風に思ってるんだ…なんかショック受けるねじ。

唐泛はドゥルラに店を閉めるように言い自宅も引き払う準備をさせる。

夜逃げか?
李子龍に敵と認定されてるけど自覚はあるのかな。

汪ちゃんが自分を殺すために賈逵を寄こした!って演技の方か、本当に青い顔してるけども。
これはショック受けなくてもいいやつ?

馬林は唐泛を落ち着かせようと隠していた帳簿を見せる。

命綱見せるなんて本当に信じてるのね、李子龍にあんなに言われたのに。
息子の事件のことで恩を感じてるのかもしれない。

唐泛と雲和で一緒にっていう馬林の気持ちは欲だけじゃなさそう、唐泛はその信頼に敬意を示しお辞儀ながら…捕まえた。それはそれね
この先狙われる可能性あるから息子のためにも守ってあげて欲しい。

万安が関係していると知った成化帝は状況を考慮して汪植にこの先を任せる。

ふるっふー鳩の手紙に「万安」ばーばんっ!
微妙なことって汪ちゃんに任せちゃう陛下、もーだから汪ちゃん目の敵にされる。

大事な権利をここで行使するんだ唐泛、そこをわかっちゃう汪ちゃんとは阿吽の呼吸なんじゃない?
それでもまだなのかどだろ
馬林はここから改心してくれるのかなどだろ

汪植は万安を訪ね引導を渡す。

さあ水を抜くよ!ぃやっほー!

汪ちゃんまただ、証拠の帳簿を万じいに渡しちゃう。
混ぜ物が必要ならこそこそしないで朝議にかければいい。

今知ったけど万じい首輔だったのか、馬林の言ってたこと盛ってなかったんだ。
(老いぼれの命なんて要らないからbyねじ)居抜きで引っ越せw。

ダイバー西廠の皆さんお疲れ様~。

密会した李子龍と万安は邪魔者を排除すると話す。

陛下と汪ちゃん、万じいがラスボスっていう認識なのかな、誰と会うのかとかしばらく動向を把握しとくべきでしょ。

100年早い倍にして取り戻すって、100年待ったら万じい死んじゃってるじゃんw。
馬林と一緒にロックオンされたのって…。

時々事件の流れとはあまり関係なく出てくるキャラたちの事情。
姉上の苦労や汪ちゃんと貴妃の関係、次は隋州のトラウマなのか。
唐泛と汪ちゃんの場合誰も死んでないけど隋州は仲間を失ってる。
夢で押しのけてるのって、もしかして隋州を守るためわざと覆いかぶさって死んでいった部下たち?アゥ、想像しただけで泣けてくる。そうとは決まってないが
ラスボスに狙われることになった馬林と…汪ちゃん?唐泛?
今後直接命を取りに来るのかそれとも罠か、負けないぞ!

←22話へ   24話へ→

タイトルとURLをコピーしました