成化十四年~都に咲く秘密~12話あらすじ感想ネタバレ

スポンサーリンク

ねじです。

中国ドラマ「成化十四年~都に咲く秘密~」12話あらすじ感想ネタバレ ぱちぱち~

前回は…
クリミナルマインド的新事件発生。
ケンカのためなんて言い訳して言葉勉強中のアハ。
唐泛姉上闘病とDV、嫁荷ごと帰ってくればいいのに。
敵は恐怖の邪悪組織か。

この先ネタバレです!

どこかお店

女の子が囮ってまさか冬児を?ちょっと汪ちゃん!

街で大道芸

ん?誰?汪ちゃんの錦衣衛か。
みんな大好きサンザシ飴、…あれ?冬児は?

順天府

隋州の顔、やっぱり冬児が…。

汪ちゃん&子供達

唐泛激怒!汪ちゃんのこと友達だと思ってたんだ、そっかー。
言われた汪ちゃんもショック受けてる、友達なら理由聞いてくれてもいい気はするけど、ちょっと汪ちゃんに味方しすぎか。
隋州もまた刺せって乱暴な、けど逆に冷静になれた。

壁ドン、そうそう発生からの時間と生存率は反比例。

スポンサーリンク

閉じ込められてる

怖いよ変なのかぶったやつ、でも顔隠してるってことは生きて帰れる望みあり。
って目的がお金なら殺さないか。

ハリネズミ状態唐泛、やいやい言われて医者も困る。

ハリネズミに動じないアハ、笑いの沸点が高いらしい。

!!隋州オイラトコンビが家に来たのめちゃめちゃ怒ってる。
どうしてだろ、珍しいこんなに怒るなんて、しかも命の恩人なのに。
一体何を見た、あの時の経験…。
今はオイラトって友好的なのかな、でもさすがに仲よくしろとは言えないね、ひとくくりにするのもどうかとは思うけど。

追い出されたのに気にしてる2人、隋州とは関係なく冬児のためか。
隋州の気持ちも分かるけど、この2人は悪くないし…。コマッタネ

相談できるらしいところ

信用できるのかこの朱なんちゃら、怪しいとても怪しい。
アハを見る目、住所聞くのって襲うためじゃない?

茶商の店

「女児紅」?こっちも怪しい、なにそのネーミングのお茶、有名なん?
調べた、お酒だって女の子が生まれたときに仕込む紹興酒、上官さんと楊岳のエピソードのだ。
出荷ってお茶じゃなくて子どもでしょ、人でなしども。

おや?どじょうも捕まったん。

スポンサーリンク

やっぱり閉じ込められる

大人ダーレンの命で助けに来た、おー、なんかかっこよく聞こえる。

城門

魔人ブウに袖の下、わざとボッタくるブウ。
感づかれた!茶商抜け目のないやつめ。

隋州の尋問

とにかく荷見せろや!

馬車の箱の中

薬入りの食べ物避けたんじゃないの?結局「出荷」馬車に載せられちゃったのか。

城門

無理やり開けてびっくり、2人いないじゃん、さっき引き返した分か。
こうなったらもう泣く子も黙る拷問のとこ連れてっちゃえ。

なによ、すみっこ連れてきて、令牌でも見せるのか。
はあん、あいつの手下なら敵だわアホ!
結局お互い痛み分け。

逃げ惑う冬児

唐泛の夢かなー、やっぱり。
孫さん怖いこと言わんといて、違う子だよね…?

錦衣衛のとこ

こいつまた分かりやすいな、お前に不都合だから怒ってるんだろ。ケッ!

スポンサーリンク

遺棄現場

過去に類似の事件か、犯人がすでに死んでるなら模倣犯の可能性も。
追跡能力も高い隋州、楊岳パパみたい、殊な荷車なら見つかるはず。

児童養護施設

ここも運営してるのかさっきの男、ますます怪しい。ジロジロリ

児童密売組織は動きから見て巨大らしい、茶商ってそんなに大きな商団持ってるのか、みんなお茶好きだもんね。

錦衣衛のとこ

わかりやす上司&茶商密談、たぶんこいつがトカゲのシッポ切りになって終わるな。
売ってやろうってケチ、紫砂?
だいたい「万」ってお前のものなんか!このたかり野郎、貴妃が気の毒になってきた。

もう許さないぜ!の隋州

茶商

叱られてる手下たち、休むと生きていけないらしい、儲けは茶商の総取りか。

またまた閉じ込められてる2人

他の子たちも逃したい隋州妹分冬児&命令されたことだけ手練れ的どじょう。

また箱に

入れられるのを見張ってる隋州、1人で飛び出して来ちゃったのに馬車は2方向どうする?

遅れてきた汪ちゃんたち

汪ちゃん配下の錦衣衛も追跡術。
ブウが印に気づいた!

止まる荷車

こんなとこで降ろしてなに?取り引き場所か。
むむっこのシルエット、また悪者は倭寇か?数も数えられないってどんなんや。

口封じされたよ茶商手下、子供たち手を縛られたままの逃走はしんどいね。
まずい、冬児ピーンチ!

オイラト街

おや?いつもと違う雰囲気。
アハにも魔の手が?こっちは若い娘を売る別の組織か、この子凶暴だけど大丈夫?ソッチ?

思ったこと

ん?なに?って箇所が。
最初汪ちゃんの策なんだと思った、情報チルドレンたくさんいるのにわざわざ類稀な天才少女に依頼したことや、唐泛が来たときも何か言いたげだったことから。
西廠がバックアップしてるはずだし、とにかくこんなのは汪ちゃんらしくない。
どじょうがすぐ派遣されたからちょっと期待したんだけどな。

隋州が事件を知った経緯や時間の経過もよくわからなくて、冬児がいなくなった、汪ちゃんが囮にしたせい、組織に連れ去られた、ってどうして知りえたのか、西廠に友達いる?

もしかして寝ちゃってた?ってなった…。

ふぅ、3人ここまでいい感じだったのに、これから関係性変わってしまうのかな、そんなぁ…。

←11話へ   13話へ→

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました