成化十四年~都に咲く秘密~22話あらすじ感想ネタバレ

スポンサーリンク

ねじです。

中国ドラマ「成化十四年~都に咲く秘密~」22話 あらすじ感想ネタバレ!パチパチー

前回は…

陳将軍から事情を聴いた汪植は自分に任せるように言う。
馬林に籠絡されたような唐泛の行動に憤慨した隋州は都へ帰ると出て行く。
脅迫された汪植は貴妃から下賜された茶杯で金を工面し万安に渡す。
東廠の尚明は皇太后に街で見つけたと汪植が手放した茶杯を見せる。

ここからネタバレ注意!

唐泛の渡したレシピでドゥルラの店は大繁盛する。

ドゥルラ言葉も話せるようになったね、唐泛の馬美女のことは知らないみたい。

胡椒が決めてだった、羊じゃなくて山羊だったらクセがあるから。知らんけど
ねじちゃん胡椒天才論者だから超納得。
え?シェフ隋州のレシピじゃないの?ほう、馬林なかなかやるな!

唐泛と馬林の会話聞いてる隋州の聞いてられない的な顔が好きだわ。

なかなか信用しない古狸にはあの者流で、えー名前呼んでよ。

汪植は質屋を湖に連れ出し拷問するが証言は得られない。

「鶏缸杯」とても有名みたい「明成化闘彩鶏缸杯」通称チキンカップ、現存しててオークションで37億円!茶杯じゃなくて 酒杯みたいだけど、デザインは同じ感じ。
模したものはAmazonでも売ってた、撮影用に買ってたりしてw。

質屋とは大爆発の件以来…?そんなのあったっけ?

銅銭を首にかける拷問w&手荒な蘇生法でも犯人は突き止められなかった、盗まれたって誰に?
誰にせよ汪ちゃんが茶杯持っててさらにそれを質に入れたことを知りえる者がいて、その人は反汪植ちゃんなんだよね。

万安と万通は尚明に茶杯の情報源を聞くがはぐらかされる。

トリオになったよ東のじじい、万じい、アホ万弟、語呂がイマイチだ。
3人とも雲和からお金もらってる、その割に唐泛の邪魔は今のところしてないね。

回りくどくもったいぶる東のじじいイラっとするー、情報源って大事だから簡単には明かさないだろうけど。
と思ったら本当に知らなかったのか、なんだ、それは恥ずかしくて言えないな、ふっ。

万じいの後ろに袁兄さん@瓔珞、えーと兄さんの名前がわからない…寝てたのか私。
→兄さんの名前は李子龍おぉー
せしさんに教えてもらいました、いつもありがとうございます。
トリオの中では万じいが年の功で狡猾、また愛しい子ってゴラムってる。

不払いに抗議する鉱夫たちに対し強硬策に出ようとする唐泛を馬林がなだめる。

汪植流ってこれね、賃金不払い抗議デモ。

唐泛、隋州を叱り付けて怒り狂ってる、また!隋州の顔!
もしこの場に味方としていたら、バレない自信ないよ笑っちゃって。

李茂を説得すると豪語した唐泛は牢へ行きお茶を淹れる。

茶盤あるのに手で持つの?まあいいや、何を話したんだろ?

唐泛は説得に応じない李茂を拷問すると言い馬林に止められる。

子供じみた知県殿w。
でもなぜ体が弱いって知ってるの?疑い始めればきりがない抜けないねじw。

ピンポンポコピン♪なBGMが流れてる間にいい感じで交渉成立、気づいてないのか?馬林。
そして、いい人なのか李茂?
実は未だに余家弟を疑ってる錆びて抜けないねじ。

隋州の気遣いが効いてて李茂も鉱夫も協力してくれた、ふむ、これは隋州流、じゃあ唐泛流は…目隠し鬼?w

いつも着目兄弟呼び、お前の兄は馬だろって隋州皮肉だよね、嫉妬じゃなく…。

スポンサーリンク
万貴妃のもとに向かう間汪植は貴妃との出来事を思い出す。

前回知りたいって思ったら、汪ちゃん本当に小っちゃい時に宮中に入ったのね、こんな子が泣いてて「菩薩のお姉さん」なんて呼ばれたら放っておけるわけない。

汪ちゃんが泣いたのは2回、その両方の場面にあの茶杯。
貴妃が汪ちゃんに言った「生き抜くために笑顔で」「慎しめ」母親の言葉だね、容赦なく切り捨てるんだって決めつけてたけど違うみたい、錆びたねじを抜かないと。

貴妃全然怒ってないんだ、そうなんだ、心の濁った自分が恥ずかしい…。

皇太后は誕生日の宴で街で見つけたという茶杯を見せるが成化帝は捨ててしまう。

即位記念のかー門外不出、出来の悪いのは割っちゃっうらしいから数も少なそう。

皇太后VS.貴妃、もうどっちがどっちでもいいんだけどね汪ちゃんさえ無事なら。

陛下どうする?つまずいたふりして割る?…捨てたっ!天子は転んだりしないのだ。

皇太后の方が偽物っていうことにしたんだよね?とんだ誕生日になってお気の毒、この日ばっかりは主役のはずなのに。

汪植から事情を聴いた成化帝は今回だけだと釘を刺し万貴妃もたしなめる。

ねじの次は釘w、任務のためだからそんなに怒らないで、って何に怒ってるのかな。
もしかして貴妃を巻き込んだこと?

陛下がこれ庇えないんじゃ?って思うほど危険だったとは思わなかった。
黙ってたのは汪ちゃんのためだよね、そこまで思ってるんだ。
陛下はそんな貴妃をたしなめたけど同時に好ましくも思ったんじゃないかな。

東のじじい、出どころのわからない情報をむやみに使うからだ、膝に水溜まるがいい。
汪ちゃん皮肉すら言わずスルー、自分だけじゃなく貴妃に手を出したからね。

銀の工房を見せられた唐泛は加担するかどうか考えるよう馬林に言われる。

馬車の中相撲部屋みたいw。

九族皆殺しの罪にビビるふりの唐泛、陛下以外は全員関係者って馬林それ盛ってない?
だいたい考えろって一択でしょ、断ったら口封じ。

単にこの工房を摘発するんじゃなくて、ここから資金を得てる者を暴かないといけないのか?
それめちゃめちゃ大変なんじゃない?
まあ、全員の罪を暴いたら朝廷機能しなくなりそうだし「持ちつ持たれつ」処理かもしれないけど。

なんだろ、色んなドラマ見過ぎて心が薄汚れてしまったよ。
人を見れば疑い、いちいち言葉の裏を読もうとしてる。

隋州のこと見習わないといけないかー、あと唐泛の甥っ子澄のことも。
そういえば今回出てないな、経絡秘孔ちゃんと突けたかな?
悪だくみトリオとは一線を画すっぽい李子龍=袁兄さん、日本の読みだとリシリュー…フランス人?
ケチな私利私欲のために汪ちゃんを排除したいわけじゃなさそう、って今度は買いかぶりか。

←21話へ   23話へ→

タイトルとURLをコピーしました