成化十四年~都に咲く秘密~32話あらすじ感想ネタバレ

スポンサーリンク

ねじです。

中国ドラマ「成化十四年~都に咲く秘密~」32話 あらすじ感想ネタバレ!「郡主の夫誘拐事件①」パチパチー

前回は…
唐泛と隋州は金三を治療した裴准から金三が女性であると知らされる。
ドゥルラは街で見知った人影に気づくが見失ってしまう。
唐瑜に会いに来た裴准は素直な思いの丈をぶつける。
開発中の武器の廃棄された図面を密かに手に入れていた李子龍は図面が既に完成していると予測する。
裴准は唐泛に唐瑜との関係について相談する。

ここからネタバレ注意!

いつものようにみんなに料理を作る隋州だが手先に震えが起きる。

魚ばちゃばちゃ桶、板前隋州。
冬児がお腹すいた〜って急かすの本当の兄妹みたい。

おや?隋州手が震えてる、いつから?トラウマだよね。アル中の訳ないし

朝ふざけて起こしちゃう冬児、それしたら殺される~冗談じゃなく…危なかった。
びっくり+ちょっと怒る+混乱+2人ともが心配って感じ唐泛の顔。

みんなでまるっとテーブル囲んで明るい朝ごはんのはずなのに、隋州ど修羅場の話もそもそ、聞いた登坂が悪いぞ。

ドゥルラ鉄市に戻るって、って鉄市だったのか、勝手にオイラト街にしてた。エヘヘ~

スポンサーリンク

唐泛は唐瑜と裴准について話す。

裴准の姉上攻略をサポートする弟、要らんこと言いながらもやはり口が上手い、これ褒めてます。
「好きな女子に会えば男は変わる」 わかったような口きいてるけど経験があるようには見えない。だけど、そもそも本心では望んでる姉上だったから最後のひと押しになったね。 グッジョブ

鉄市に青歌が現れドゥルラと親しくしたいと言う。

鉄市に青歌が?「アラスとの友情?」解毒剤のこと?何?なんでそんなこと知ってるの?また寝てたのか?ていうかアラスって誰?
青歌が色々知ってるのは李子龍情報員が優秀だからいいとして、こんなことを青歌に言われてドゥルラに違和感ないことが理解できない、やっぱり寝てたのか?

都にやって来たオイラトの使節団と丁満は不審な行動をとる。

使節団の指輪は何かのサインらしい、はっ!って丁満知り合い?
おみやチェックで手を握られ焦ってる、さっきのはまさか?! な訳はなく手紙ね、燃やさないで捨ててたけども…。

すっかり信じてるように見える陛下、文書は蝋封するんだね。

迷路みたいにぐるっぐる歩いて宮中こんな秘密基地が! ろうそくの管理は誰が?
手慣れた感じで盗み読み、蝋封の印なんでもいいのか。
とにかく丁満なかなかやる、汪ちゃん本当に気づいてないのか?

隋州が悪夢を見ないようにみんなが対策を持ち寄る。

広川診察か尋問か、心配の隙間から若干の好奇心が漏れてるような。
裴准は医者だとしても、姉上も冬児もおかしなおまじないを推奨w、隋州が疑わないならプラシーボ効果あるかもしれないけども、ドゥルラのは…。

みんないたって真面目なのか?このスチャラカBGM、隋州さすがにブウには言わせない。

スポンサーリンク

裴准は唐瑜に家の権利書を渡し管理して欲しいと言う。

裴准の誠意は家の権利書、家族のいない裴准にとっては1番大事なもの「だった」んだよね。

隋州気まずくないん?
時と場所選ばないほどの気持ちってことかな、よそでやってくれ(隋州心の声)。

お!ついに姉上がOK出した〜!オメデトー!めでたいー!ぱちぱちー!

?なタイミングで隋州が蓋開けてとか言うから空気読まんのかい!と思ったら双魚の蒸し煮、これはおめでたい料理なのかな?
お調べしました、双魚は吉祥、子孫繁栄などのモチーフらしい。ふむ

シェフ隋州今日は特に腕をふるっちゃうもんね。
チャンプルーみたいな炒め物とか他にもいっぱいめちゃめちゃ美味しそう。
他のドラマで皇帝が食べてるのより美味しそう。

王憲を探る丁満は使節団と密会する。

誰の馬車かと思ったら、丁満のターゲットは郡主の夫変わり者王憲。
使節団の皆さんと一緒に狙うのは武器の設計図、さすがに実物は無理。
「蔽日神機」図面見た感じあのガトリング矢とは別物かな。

降格させられた潘賓は唐泛を上司として扱う。

師兄ってば大人呼びやめてって言ってるのにもぞもぞする「よしなに」ってww中国語もそう言ってるのかな。

真面目に働く唐泛見て不審がる師兄、どんなイメージ持たれてるんだ?って、よーくわかるよー。
やっぱり、字の練習してたよ、って何これ?誰かの筆跡?なんかよく分からないけど結局出て行っちゃった。
怒るかと思ったら逆に安心したみたいな師兄、好んで振り回されキャラか。

スポンサーリンク

青歌がドゥルラに明風の装いをさせているところに唐泛がやってくる。

ドゥルラかわいい~!青歌 IKKOさんか。
でも思ったよりさらっとした反応の唐泛。なんでなんで?

汪ちゃんから宮中の薬剤の帳簿を預かって来てる青歌、すぐ返さないといけないような大事なものを託すなんて、本当に汪ちゃんも唐泛も全く疑ってないのかな、それは信じがたいんだけどー。

帳簿に丁満の名を見つけた唐泛ぴきーん。

丁満のターゲット王憲は歯車の何かがうまくいったらしい。
ん?その大げさな仕掛けってもしかして時計?変わり者だな。

帰宅途中の王憲が賊に襲われていると別の一団も現れる。

豆花屋さん前で襲ってきた1組目はノー覆面、生かすつもりないパターン。
後の組は顔隠してるから殺さないor面が割れてるパターン。
…おっと、王憲の方が皆殺しパターンだったわ、なにこの馬車怖っ、絶対車検通らないやつ。
おまけにあの爆弾まで、そんなに振り回しても平気だったのか…とにかく変&ヤバい人。

なかなか派手な事件だもんね、西廠&錦衣衛が出動は当然。
隋州の汪ちゃんを見る目がなんだろ、気になる。
どういう気持ち?いや、そういう気持ちではない。

汪植は固安郡主と成化帝から王憲奪還を命じられる。

郡主はずいぶん冷静、お姫様と変わり者の夫婦のことは想像つかないな。

手刀のあと拉致してたのか、設計図ごと連れてかれたみたいに言ってるけど、そういう感じじゃなかったよ、持ってなかったんじゃない?

責任の押し付け合い、こういう厄介なのは担当したくないくせに、汪ちゃんが解決すると妬むし何だったら解決の邪魔するんだよね。

汪ちゃんの考えでは、王憲まだ利用価値あるからって言い方はしてないけども命の危険はとりあえずない。
でも陛下さ、汪ちゃんが目立つようにしないでいただきたい。
見習うとか発奮するとかじゃなくただ妬む人ばかりなんだから。
居残り汪ちゃん、生かしたまま敵に渡しはしない…これが選んだ理由か、うん確かに他の人には頼めない。
なるほど納得、ってやっぱりこの人が一番怖いよ、万々歳。

姉上&裴准おめでとう!よかったよかった、姉上が登場したときから予感してたよ。
再婚ってどうなんだろ、ちゃんと結婚式するのかな、メンズに比べていつも綿麻みたいな質素な服着てる姉上、さすがは嘉妃っていう花嫁姿を見せていただきたい。
手まで震え出した隋州のトラウマ、どうやったら克服できるのか、傷ついた心を癒すもの、者?見つかりますように。
皇族からドゥルラまで色んな人が絡んでる事件、糸口は唐泛が見つけた丁満だね。
ドゥルラは姫とかじゃなくて単に丁満の思い人って気がしてきた、にしては解毒剤のとき必死感が伝わってこなかったんだよな~。懲りない

←31話へ   33話へ→

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました