成化十四年~都に咲く秘密~35話あらすじ感想ネタバレ

スポンサーリンク

ねじです。

中国ドラマ「成化十四年~都に咲く秘密~」35話 あらすじ感想ネタバレ!パチパチー
特別な回なのでちょっとボリュームあり、ちょっと?いや、かなり。

前回は…

鉄市にやって来た丁満は計画を変更して王憲をオイラトに連れて行くことにする。
使節団の帰国時に王憲が連れ出されると予想し奪還作戦が実行される。
丁満包囲網が狭まるが間一髪謎の馬車が連れ去ってしまう。
唐泛は丁満のところに乗り込むが人質となってしまう。
馬車で逃げる途中博浪が起動しドゥルラは唐泛を逃がす。

ここからネタバレ注意!

馬車から脱出した唐泛は後を追いかけようとするが隋州に止められる。

そんな…馬車が城門を通った瞬間爆発してしまった…。
ちょびっとだけ期待してたナイスな第2脱出装置ないな…、死んだと思ったら~は韓国ドラマだね、…だな。

3年前 成化十一年三月三日

成化帝は唐泛を科挙の状元(主席)に選ぼうとするが重臣たちが反対する。

このおじいさんたちじじいどもと呼びたいが我慢が唐泛に反対する理由って?コネ合格の人でも選ばせたいん?
出る杭は打たれるって打つ人が言う言葉か?だいたい出るって言っても成績がいいだけでまだ何もしてないのに。

賢く意識高め=御しがたい人材を陛下の側に置きたくないのか?もしそうなら見下げ果てたじじいどもだな言ってるし

邪魔されて不快感隠さない、そういう所にちょっと若さが見える陛下。
汪ちゃんもなぜか若く見えて表情も慎ましやか、俳優さんたち内面から作ってるんだね。たぶんやけど

科挙の成績発表で唐泛の名前は4番目に呼ばれる。

周りがみんな唐泛だと思ってて本人もそこそこ自信があったのに、こういうのお互いに気まずい。

北鎮撫司で隋州が新入りとして紹介される。

万通は前から安定のアホ、会ってすぐは同類とか仲良くできるとか思ったみたい、いや、ないからそういうの。
この子は特別なのよなぜおネェみたいに扱うからまあ実際特別だけども、また役立たずの御曹司が入ってきたってブウたち色眼鏡よ。

スポンサーリンク

ご機嫌取りのために猫の捜索の案件振ろうとするし、逆に失礼や!
返事をしないことで不満の意を表す随州、流れるスチャラカBGM、逃走犯を1人で担当すると宣言しちゃったけども。さてさて

仲間が唐泛が状元に選ばれなかったことで騒ぐが唐泛は鴨が売り切れないかを気にする。

ここの感情は悔しい食いしん坊気を遣わせないよう気を遣うってとこかな。早口言葉か
ストレスが食欲に繋がるタイプ?…ストレス「も」か。

薛凌たちが上手くいかないだろうと噂しているところに隋州が逃亡犯を連れてくる。

逃亡犯痛い目にあったんだね、反省の色が濃いw。

ブーたちがあっけに取られてる間に隋州は別の事件にGO!フットワーク軽い。
アホ万弟はブーに尾行を指示、ブウもなんやこいつ~なんぼのもんか見たろやないか~い風。

醉香楼で唐泛と仲間たちは将来について語る。

さすが上位合格者、アホなこと言う人はいないな、妻子のある人もいるし。
唐泛は、先のことは関心なくて、国を支える人材として陛下を補佐したいな…!をつけるほどの情熱は感じないと思ってるよう、今とちょっと違う。

さらに今(11年時)はそこそこ落ち着いた世の中で自分の活躍の場がないと…、ふっお若いな青年よ。

違法な取り立て屋を見つけた隋州は正論を言う。

ゴロツキ相手にごもっともな隋州w、相手は3人だけどブウは加勢しないで様子見よくないぞ
隋州の剣をからかう命知らず、チャキっ!抜いたけど切るんじゃなくて肘でがいーん!
早くて動きはイマイチわからないがとにかく瞬殺。フム
路地から吹っ飛ばされた男に度肝を抜かるブウ達、おマヌケ顔で見送るだけそういうとこだぞ

ウユンと鉄市で働く様子のアラスは肉舗を訪れる。

宦官丁満Ver.と違ってもしゃもしゃ髪に肌も黒いアラス、ちょっとメイクが濃いめだけども。
王子だったの?!街に出るとみんなニコニコ挨拶する、それがなぜ宦官に?オイラトどれだけ人材不足なん?

…あ、駒って言ってたわオイラトの偉い人、嫡流じゃないんだな。知らんけど
でもだから李子龍と繋がれたんだ、じゃないドゥルラが狙われたんだ!ムキー!

肉屋の奥の男が宮中に、子供を儲けてもその子に自分が中原で太監になったとか言えんってまあまあの恨み言、…スパイって辛いよね、って君丁満なのか、あー。

武庫司では章鞏柱が複数の箱を運ぶように指示する。

全爆弾処理班がちょっと待て~!平台の荷車に雑~に紐かけて運ぶのかそのヤバいブツ。
髭郡主部下を「命知らず」って叱ってるけど、それ比喩にしか聞こえてないよ。

スポンサーリンク

のんきに王憲に名付けさせてご機嫌だし、どんな意味よ博浪って。博浪沙って地名ならあったけども

警備も緩い!李子龍の手に渡ってるじゃん、多分1番渡しちゃいけない相手だよね。ヤレヤレ

は?雑に扱うどころか博浪でふざけ出した、申し送りは?危機感の共有は?
起爆装置ピロンっ・・・終わった。

髭郡主のメンタルどうなってる?この後ものうのうと武器開発してた。
また酌むべき事情か、だとしてもないわー。

武庫司で大爆発が起き紫禁城にまで影響が及ぶ。

それぞれの場所で爆風に飛ばされる唐泛と隋州ワイヤーアクションかな。

紫禁城も揺れて陛下のもとに駆けつける旗手衛&錦衣衛。
それは普通だけど貴妃よ、いつでも手元に防具置いてるのか危機管理能力高いな、カリスマむき出しで指揮してるし、この姉にいいとこ全部持ってかれて生まれたのが万通w。

爆発によって都中に被害が出る中人々が錯綜する。

壊れた馬車からはい出した髭郡主、この時点で何が原因か予想できたと思うけど王憲ファースト。
知らない人見たら張本人とは思わないな、だって普通ならあるでしょ自責の念とかさ。
これは元々欠落した状態で生まれた感じか。

ここで隋州が髭郡主&王憲とすれ違う。
連行中の犯人がちょっとだけ家族の様子見に行きたいって、行かせる善良で優しい隋州。

これが人でしょ、人の痛みがわかるから行かせちゃう、まあ隋州は事情酌みすぎて自分の立場を危うくしがちだけども。

ぼえーっと座ってる唐泛のとこには裴准が、ビンタ痛烈なの×2w友達だからかと思ったらこの日出会ったみたいね。

成化帝は重臣たちを集めて報告を聞くが要領を得ない内容に怒りをあらわにする。

被害は最小限って何が起きたか分かってて言ってるのか?
アホ万弟隕石だって、貴妃も恥ずかしいよね弟じゃなかったらこの場から追い出してるな。杖刑や

机バーンふるっふるの陛下を諌める貴妃「この隙にさっさと行かんかい」。

瓦礫の山と化した街では被災民同士で食べ物の奪い合いが起きる。

この状況で生きてるだけ幸運、生き延びたいなら心をひとつにして協力しなきゃダメ、今は助けなきゃいけない人を助けろ。
どうしたらいいかわからなくて本能に走っちゃってる時、唐泛の言葉が響いた。

随州が1人で救助しようと苦戦してたのをブウが手伝ったところから兄弟関係が始まったのね、兄貴と呼ぶ賭けは無視してたけども。

スポンサーリンク
唐泛は民に水と食料を配るが底を尽き争いになる。

老人だろうと自分の分を渡したくない若い男、きれいごとじゃ命はつなげないしリアリティもない。

隋州来た!チャパティ的なのの砂を払って老人に、唐泛には水を、配ってる本人は飲んでないって知ってるのかな。
混乱時で顔が埃まみれ、特に隋州のは塗った?タモさん風って感じ、だから3年後初対面っぽいんだ。

死んでる(?)親の横で泣いてる子の側にいた汪ちゃんあの時の貴妃みたいが来て方角を訪ねる。

全ての始まりがここ、ここで出会って3年後、この時とは違う3人になってまた出会うんだ。
この時点で、汪ちゃんだけは唐泛のことを知ってる、その後もチェックしてたか、してたな。

鉄市では宮中に入るはずだったバルトが死んでしまう。

幸か不幸か入宮許可書みたいなのが懐から出てきちゃった、王子でもここは一択なのか。

城壁で都を見下ろす固安郡主と王憲の下を李子龍の馬車が通り過ぎる。

マッドエンジニア夫婦、君たち街を見下ろしてどんな心境よ、悪びれる様子がないんだが?

自覚のある悪とない悪、ない方がもやっとしていらっとするから好まない。

博浪について報告を受けた成化帝は製造を中止し資料も全て廃棄するよう命じる。

武庫司が全滅してるから詳細不明って、2人生き残ってるのが張本人なんだけど。
この状態から3年間ME夫婦はお咎めもなく懲りずに研究開発してたのか。

これ誰が悪いの?夫婦はもちろん悪いけど、3年後だって上司はとんちんかんだし、国防に関する部署なのにいろんなことが雑。

じじいどもが唐泛の邪魔したのっていつものことなんだ。
優秀な人材を欲にまみれた手で打ってばっかりいるから凡庸な役人ばかりになって国益をそぐんだよ。

周りに処世術だけは非凡なじじいばっかりじゃ陛下もしんどいよ、貴妃も防具枕元に置くわ。

みんな聞かれたことに答えず的外れなこと繰り返して、アホ万弟はガチのヤツかもしれんけども。
声そろえて「慚愧の至り~」これイラつくと思うなー「感謝永遠に~」見習え!自分でも意味不明w

一方飢えと寒さに苦しむ被災民のことを一番に思う陛下、なぜいつもバランス悪いのかね、名君と賢い部下たちじゃドラマにしにくいんかな…。

両目両耳を塞がれてるって陛下、聞いている汪ちゃんはとっても慎ましやか。
離れる時が来たもー無理も―我慢ならん、目と耳になれって勅命「西廠を設立せよ」ばばーん!汪ちゃん予感はあったのかな

アラスは丁満を名乗り宦官として紫禁城に入る。

簡単な決断じゃないよ王子なのに宦官、あの、本格的な宦官なの?王族として無理だよね。

誰もかれも暗い、よーし今日から頑張るぞ!っていう職業ではないか…。

1か月後唐泛 隋州 汪植はそれぞれ新しい生活をスタートさせる。

唐泛は師匠に経験を積みたいってお願いして順天府に行ったんだね、意志がぼわんとしてたけど定まった。
師兄はかわいい弟弟子が入って来たと思ってる、分からないことは何でも聞き給えな表情。気の毒ww

隋州のところにはあの時行かせた犯罪者が出頭してきた。
葬式も終わりましたって、すごくありがたかったんだろうね。
wwうーっすらドヤ顔だよ隋州品がいい、ブウどうよ?いい兄貴できたでしょ。

そして汪植チルドレンもスタート。
ただ施して飢えさせないんじゃなくて仕事をさせる、危険も伴うし非難されかねないけど、子どもたちが生きていけるようにって考えたんだよね、これも持ちつ持たれついい意味で
ん?この明るい様子の子は…、誰だっけ?忘れた…

3月11日にこの回を観ました。
10年前のこの日は東日本大震災が起きた日。
画面に映る惨状や登場人物の人生が変わったことと震災がリンクして、珍しく神妙な気持ちになりました。

震災の時、唐泛グアンホンと隋州フー・モンボーの出身地である台湾からすごくたくさん支援があったことも思い出されて…。
にしても髭郡主、どう落とし前つけてくれるんだこれ、おおん!いきなり?

←34話へ   36話 へ→

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました