成化十四年~都に咲く秘密~34話あらすじ感想ネタバレ

スポンサーリンク

ねじです。

中国ドラマ「成化十四年~都に咲く秘密~」34話 あらすじ感想ネタバレ!「郡主の夫誘拐事件③」パチパチー

前回は…
成化帝と王憲郡主夫婦についてのうわさが市中で囁かれる。
王憲を拉致した丁満は脅して話を聞き出そうとする。
汪植は固安郡主と王憲の助手から話を聞く。
何か隠し事がありそうなウユンとドゥルラだが唐泛は聞き出すことができない。
唐泛は隋州から鉄市に犯人の根城があると聞き飛び出して行く。

ここからネタバレ注意!

隋州たち錦衣衛が張り込み中の鉄市に丁満がやって来る。

計画を変更して王憲をオイラトに連れてくんだって、当たっちゃった。

囮を出して錦衣衛を分散させるオイラト人。
錦衣衛と気づかれるなって、尾行がいかにもだし目つきもよくないとバレる、見た目はいたって普通だけど黒目の中心だけフル稼働とかにしないと。そんな無茶な

あれ?急に丁満が宮中に戻るとこにワープしてる、たまにあったけど寝てたせいじゃないんだ。本気で不安だった

丁満についてそれぞれ情報を得た隋州と汪植はすぐに捕まえたいと主張する。

2人がこんなのって珍しいかも、加えて「まあまあ」って抑える唐泛も。

王憲の安全を優先しつつ罠を仕掛ける作戦。
丁満の仕事内容から盗み読みは想像つく。秘密基地のことはばれてないかもだけど
それを逆手にっていうね、自信に満ちてる唐泛に隋州も汪ちゃんも揃ってお伺い立てちゃうっていう、これも珍しい?

で面白いように術中にはまるっていう盗み読み。

スポンサーリンク
使節団の帰国時に王憲が連れ出されると予想し奪還作戦が実行される。

怯える王憲を手荒に扱うオイラト人、多分こっちがスタンダードね、シュッとしてソフトな丁満はレアケースだな。

残されちゃった大事な手巾、郡主のお手製かな、愛し合ってるのかな。

丁満尾行中ブウったら見失っちゃったよ、大きな体が仇に。

丁容には詳しく伝えてないのかな手薄だって心配してる、汪ちゃんは平気そうなんだけど、2人の共有してない感?なんだか心配。

王憲は箱に入れられて運ばれて、油断させ係ブウはまかれる、汪植チルドレンのドジョウもスタンバイ。
着替えたり気を使ってたのにまんまと逃げられちゃった、…それでいいのだ。

安心させる作戦が功を奏し丁満たちが予定の場所に現れる。

まかれてなんぼ作戦を明かされたブウ、それならそうと言ってよ~ってなるけど、それ言っちゃうと不自然になってバレるもんね。
納得いかないブウには隋州兄貴がまあまあってしてくれる。お母さんか

接触担当はチルドレン、自然に丁満に近づいて確認。
じりじりつめる包囲網、ハッ!察知する丁満、王憲保護!

馬車のアクションシーン危なそうなんだけど、なんだろちょっと残念。

唐泛がコート的なのひっつかんで出てくってことは…あのボロボロ服?とは似ても似つかない、なに?

丁満を乗せて現場から走り去った馬車を御していたのはドゥルラだった。

あっドゥルラだったのか!ちょっとびっくり。
この逃走馬車、元々頼んであったのかドゥルラが気を利かせてやって来たのか、いずれにせよ悪事に巻き込んだな。

ビンタにびっくりしてたら2回目!よし!
そうなるよこんなの、3年間ずっと思ってたって言われてもなー、ずっと音信不通で現れたと思ったら大罪人、なにしてんだって叩きたくもなるよ。

交流とか交易とかで和平を目指してたのにこんな強硬派に転身って、なにがあった?
3年前の事故で、和平なんて嘘っぱち!対オイラト兵器開発してるじゃん!許せないっ!
今の世界でも兵器作ってるだろ!作ってないわ!みたいなのあるもんね。

最後の頼みって出てきたのがヤバそうな箱、こんなの預けてたのかーうわぁ
信用してるからなんだろうけど、本当に好きだったらそんなの預けたりしない。 

唐泛がやって来て言い合いになり丁満が刀を抜くがドゥルラが庇う。

陛下は開発を中止させてたはずなのに止まってなかったのか、じゃあ誰よ?続行させたの。

さすがに軽率だったよ1人で乗り込むなんて、王憲の次は唐泛。

立場や視点の違いによる意見の衝突、禍根を残さないか心配になる。
唐泛の安全を優先してほしい隋州と国の命運のかかった場面でそうはできない汪ちゃん。
今目の前にいる1人か未来の多くの民か、唐泛は今助けないとダメだけど未来のことは何も決まってない、悩む。
唐泛その辺わかってる、解決のためなら西廠は犠牲を厭わない。
だからって完全に包囲してるし急いで攻撃しなくてもいいな。

攻撃命令が出て銃口の前に出る隋州、ここまで絆が深まってたんだねアウ…
賈逵早まったらいかーん!もースイッチ入っちゃったよ、すぐドカーンじゃないのか。
こんな時用?仕掛け作動、転がり出るのは痛いな。死ぬよりましだけども

あ…、数千人規模ではなさそう。
丁満はこういう決着になるだろうと思ってたけど、ドゥルラが巻き込まれるのは想定外こんな仕打ちないよ、あの仕掛けが標準装備でオプションもついてる仕様であってほしい。
  

丁満がねーよろしくない、断れないってわかってて巻き込んだよね、ドゥルラとウユンは民間レベルで楽しく平和にやってたのに。
今回は李子龍の方動きがなかったけど、この騒ぎを利用しないとは思えないな。

体を張って守ろうとした隋州、唐泛への思いの深さがよ~く分かった、それ知ったら唐泛どうする?

とりあえず唐泛は転がり出て助かった、もうひと仕掛け欲しいんだけどな。

←33話へ   35話へ→

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました