「花の都に虎(とら)われて」7話 あらすじ感想ネタバレ 中国ドラマ

スポンサーリンク

ねじです。

中国ドラマ「花の都に虎(とら)われて~The Romance of Tiger and Rose~传闻中的陈芊芊」7話 あらすじ感想ネタバレぱちぱち~!


都合により他の回と仕様が異なっております。えへへー

7話「奇跡の大逆転」あらすじ

この先ネタバレです!

韓爍の資産が想像以上に多いことがわかり、芊芊の側仕え梓鍈は「儲かった」と喜ぶ。


梓鍈は「芝居や料理など何でも屋敷に呼んでいいが、芊芊を外に出してはいけない」と韓爍に命じられていた。
芊芊が気にせず出かけようとすると、龍骨を盗んだことに抗議する民に襲われてしまう。


なんとか逃れて脚本の相談に行った芊芊は、ここまでの展開の出来を褒められる。
国の宝を失わせた自分に対する民の非難は、仕方がないことだと芊芊は理解を示す。


屋敷に戻るとまだ民がいて近づくことができず、芊芊は稚拙な策で突破しようとする。
結局ばれてしまい門に駆け込んだ芊芊を韓爍が抱きしめる。
韓爍は芊芊の耳を手で覆い罵声が聞こえないようにする。


林七が芊芊の苦境をいい気味だと喜んでいると、所有する鉱山に雷が落ちて爆発したと報告が入る。
爆発により100人もの鉱員が坑内に閉じ込められてしまうが、福脈を損ねかねないため爆破による救助はためらわれた。

スポンサーリンク

芊芊は、なす術のない民から命を捧げて欲しいと懇願され、面白がって三公主を名乗ってしまったことを後悔する。


城の重臣たちも芊芊を死罪にするよう進言するが、1人楊司戸だけは芊芊を救おうとする。楚楚が兵を率いて芊芊の屋敷の警護に行くと言うと、城主は「芊芊を守ってやって」と頼む。
城主は芊芊は城主の器ではなく、自分の後を継ぐのは楚楚しかいないと考えている。


芊芊は鉱員を心配し、矛先が自分に向けられるのもわかると民に共感する。

韓爍は地図を見て鉱員たちの居場所を特定するが、救い出すには福脈を爆破するしかない。
芊芊はそんなことができるのはただ1人ヒロインだけだと言い出す。

韓爍は、玄虎城にとって有利な状況だと側仕えの白及に言われるが平静を装う。
芊芊が裴恒に助けを求めても平気なのかと聞かれても気にしないふりをする。


芊芊は屋敷を出ようとするが、兵に止められた上、楚楚にきつく叱責される。
困った芊芊は裴恒に頼むと言い出し、韓爍はショックを受ける。

韓爍は、呼び出されて屋敷にやってきた裴恒が芊芊を外に出してあげると言うのを見て嫉妬する。
芊芊は下僕に扮して裴恒の馬車に乗り込み監視を突破する。


芊芊を案じた楚楚は好物を差し入れにやって来るが、芊芊が抜け出したことを知り怒りを募らせる。

芊芊は鉱員がみんな男だと聞かされるが、救助の意思は変わらない。
裴恒は一緒に行くと言うが、芊芊は危険なことに巻き込めないと断る。

スポンサーリンク

芊芊が逃げたと聞いた城主は激怒し、投げた簪で楚楚の頬に傷をつけてしまう。
側仕えの梓竹に指示を仰がれた楚楚は、兵を鉱山へ向かわせるように軍令を出す。


鉱山に向かった芊芊は火薬がないと知り梓鍈を責める。
その様子を陰から見ていた韓爍は芊芊が自分に頼るだろうと考えるが、入手先として自分の名前だけが挙がらないことにしびれを切らす。
芊芊は火薬が玄虎城で製造されていても立場が違うから無理だと言うが、韓爍は「人命を駆け引きには使わない」と協力を申し出る。

芊芊が爆破作業に行こうとすると、韓爍は自分が行くと言い出しお互いにゆずらない。
結局一緒に行くことにするが、突然爆発が起きる。

林七が兵を連れてきて芊芊たちを攻撃しようする。
楚楚も芊芊を捉えるよう兵に命じる。
城主もやって来るが、韓爍は密かに守らせているから安心するようにと芊芊に耳打ちする。

一同が揃ったところに、鉱員たちが坑道から逃げ出してくる。
芊芊は賢明に鉱員たちの世話をし、三公主だと気づいた鉱員たちは感激する。

やはり福脈が絶たれてしまい、林七たちは芊芊を死罪にするように城主に訴えるが、鉱員たちは許すようにと声をあげる。

芊芊は足元に浸み出す石油に気づく。
「猛火油」があれば花垣上は安泰だと人々は喜ぶ。

朝議で、楊司戸が芊芊を称え復位を進言し、城主も認める。

街に出た芊芊は、以前取り立てに来た女たちに追いかけられるが、それは救助のお礼をするためだった。

スポンサーリンク

感 想

「資産いっぱい」よりもっとすごい韓爍の設定ってどんな?

韓爍ったら芊芊を箱入り嫁にするほどなの?ニヤニヤと思ったら違った~。
元々嫌われ暴れん坊公主だったからまあ仕方ないところはある。
でも、屋敷の出入り口1か所だけかい!&なんで野菜投げる!食べ物を~罰当たりな。

芊芊は元の世界に戻ることだけを考えて、フィクションの世界の価値観なんて無視、国宝だろうとなんだろうとそんなの気にしないって感じだったけど、ここへ来て民に理解を示し出すのね。
現代人の持つ平等な感覚とか元々の善良さだな。

で、また正面から入ろうとするってバカなの?と思ったらこの展開のためか。にやにや
抱きしめるまではありがちだけど、お耳塞いでくれちゃう大っきい両手で。
今回一押しのシーン。

他にも芊芊が好きで仕方ない韓爍がいっぱい、焼きもち焼くし自分の名前が出てこないってやきもきしてるしw。
人命のためって火薬を出してくれるのは人の上に立つ者の器って感じ、伏兵のこと訊かれてとぼけるところは策士風、シュッとしてると思ったらバラエティーに富んだ性格の持ち主w。

ただ、お互いに相手を危険にさらせないって思う理由に今のところまだ差がある。
芊芊にとっては今後の展開に関わるから韓爍を守ろうとした。
脚本と恋愛経験0っていう2つの縛りのせいだけど、いつ気づくのか…。

カワウソ裴恒の方もまた芊芊のいいところに触れてしまって困ったね。
女が治める国で男の命ってそんなに軽いのかな、身分によって感覚違うのかもしれない。
それか、前の芊芊は男の命なんてどーーーでもいい人だったのか。

タイムスリップものって現代の感覚が魅力的って映るけど、この作品では乗り移った元の人がとんでもなく酷かったから普通のことやるだけでめっちゃいい人に見えるっていうラッキー。

2姉楚楚はしんどいなー、母との関係もよろしくない。
よかれと思ってがどんどん拗らせてくよ。

シナリオでは芊芊すぐ死ぬ設定だったからこの状況は想定外、2姉の拗らせにあんまり気づいてないのよ、それすごくダメだから~。

ヒロインなら助けられるって言われても楚楚はそんなの知らないから、渦中の栗拾え!って責任を擦り付けようとされたって思ったよね。

タイムスリップもののお約束、過去を変える=未来も変わる、異常な状況だけど忘れちゃだめよ。
中の人変わって夫を横取りした時点でもうヒロイン変更されてるのに。

母城主もなー、姉妹で競わせる気がないならさっさと後継者指名しちゃえばいいのに。
その子にあった育て方ができてない、ただただ母親に認めてほしいと願ってる子を厳しく叱るばかり。
それが期待してるからこそなんだってことは全く伝わってなくて、楚楚は自信が持てなくてずっと不安なんだよね。っと偉そうに語ってしまったけども

実の子じゃないっていうのも卑屈になる要素だし、もう一押しきたらダークサイドに行っちゃうかも、お付きの梓竹もやってやんよだし。

うざ²七の何様が止まらない、³か⁴にしてやろうか!多分それダメージない

前の芊芊もたいがいやらかしてたんだろうけど、命取りに来てるからね。
自己判断で殺る気満々だけど、そもそも自分とこの鉱山なら事故はオーナーの管理責任でしょ。
こいつを黙らせることができるような設定はもっとないのかな、ドラマのキャラだけどすごく嫌い大事なことだから太字にしました

事故現場に居合わせたらできることやって人を助けるのは当たり前だけど、それがこの世界ではいい感じに尊敬を集めちゃった。
タイムスリップ設定が生きる展開だよね。

韓爍は服を汚さなかったけどw、ナイスな掛け声で鉱員たちを先導するというグッジョブ。

石油出た~w、なりたい職業NO.1石油王。NO.2地主

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました