「花の都に虎(とら)われて」2話 あらすじ感想ネタバレ 中国ドラマ

スポンサーリンク

ねじです。

「花の都に虎(とら)われて~The Romance of Tiger and Rose~传闻中的陈芊芊」2話『恋の救出劇』あらすじ感想ネタバレぱちぱち~!

2話目でいきなりだけど、書き方変えちゃおかな…。
1話目は長くなり過ぎないようにってあらすじと感想分けてみたけど、あんまり変わらなかったし。
迷走は続く。いや終わらせようよそこは

この先ネタバレです!

婚礼の翌朝まだ異世界にいた芊芊は韓爍が毒の杯をすり替えたのではと疑う

勝手に脚本を変えないでほしいってw、でもすでにキャスト変わっちゃってるし。

死んだら元の世界に戻ると言えば「イニョン王妃の男」うわ『いにょん』で候補出た!すごい&「皇后の男」。
ブンドと公明はガンガン死んでたけど芊芊はムリムリムリムリw。

よく見かけるお手軽自分の動力だけで激突死って、本当に死ねるの?

芊芊ポジティブだわー、韓爍のおかげで仕事より命が大事だって分かったって、視点多いのは脚本家魂か。

芊芊は脚本の最後まで進まないと元の世界に戻れないのかもしれないと思う

その場合、韓爍の存在が必要不可欠なのに行動早いな~母城主、婿入りの目的怪しいから韓爍処刑するって。
まあね、疑わしいって言うかがっつりやっちゃってるから、文句は言えん。

天牢に収監された韓爍たちだが、配下が救出のために手はずを整えている。

花垣スパイ天国か、っていうくらい工作員が潜んでる模様。

韓爍は龍骨より芊芊に復讐したいって死んでもいいん?すぐ花垣城攻撃って頭に血が上りすぎ。
出た!凌遅刑、公主ケバブ、3000回も削いだら体なくなる。
けど若君、何をここまでお怒りなのか、殺そうとしてるより悪いことされたっけ?

城主のもとに駆け込んだ芊芊は韓爍を助けて欲しいと頼むが取り合ってもらえない

玄虎城の城主が一人息子をよこしたのは烏石鉱狙いで服従したからじゃない。
ピンポーン!だけど受け入れたのは人質としてってことなのかな。

芊芊は二郡主の楚々とで結婚し直せばって、それはダメだってさすがに、お古言い方!は失礼よ。
それでなくても二郡主のめんどくさ化は予測できるのに。

スポンサーリンク

芊芊は吐き気がするふりをし果物を次々に口にする。

さすが現代女子、名節?なにそれ、うまいの?だ。

事情を察した城主そこ疑わないんだに誰の子かと訊かれ、芊芊は韓爍の子だと思って欲しいと答える。 思えるか!w

芊芊に言って聞かせても無駄だと思った城主は切り替え早い、韓爍がお腹の子を自分の子だと認めれば命を助けると言いそんな無茶な、かん口令を敷くように命じる。

子孫繁栄に貢献したと褒美が届き跪く韓爍を見て芊芊たちは笑いをこらえきれない

いや俺まだなんにもしてないけども、…どうも、寝取られ婿っす。ん?寝取られか?違うな

君たちなぜ笑える?ほんっとよくないぞそういうとこ、男尊女卑のとこからきた若様にこの辱めはキツいよ。

下賜品全部謎の緑色城主ピッコロ派?、男性の徳を讃えるものだって、それ徳じゃなくて気の毒。

納得いかない様子の韓爍を見た芊芊、子どもは他人でも妻は韓爍のものだって、すごい発想だわさすが脚本家。
桑奇も玄虎城の側室制度と一緒ですが何か?って追い打ち、あんまりアウェーきつくしないでおいてあげて。病気だから

さらに芊芊、子どもは陳姓にするって言い出して韓爍反発、そこは自分の姓にしたいんだ。なんだかよく分からん

白及から今後の方針を訊かれてちょいちょい確認の部下韓爍は今後も計画通りで城主も殺すって。
さすがにちょっと気持ちわかっちゃうかも。

韓爍たちは料理に毒を盛る作戦を決行する

花垣の習慣、男性は同席しないでギャルソンだって、韓爍は目的達成のためってちょっと悪い顔しながら耐えるけど、芊芊が「ん~美味しい~」って言ってる時罪悪感的なものが見えた気がする。

スパイたくさんいてもポンコツなのか、器じゃなくて料理名で伝えなよ、あー聞いた白及もポンコツだった。
本気で殺るんだったら、芊芊が無邪気に全部高級な皿で~って言うかもしれないって想定しとかんとー。無理っす白及心の声

じゃあもう全部の料理てんこ盛りだって、さすがに疑う~恩知らずめって。
そうね名節汚してまでってさほど気にしてないけども助命嘆願したのに。

一緒に食べようって押し付け合いになっちゃったらそうするしかないな、ちゃぶ台返しw。

スポンサーリンク

城へ食事をしに行く芊芊だが守宮砂の印を見つけられてしまう。

母城主、芊芊が食べようとする料理ことごとく妊婦はダメって、それじゃあ栄養取れないよ。妊婦じゃないけども

桑奇って出来る側近ザ観察力、芊芊の腕に韓爍が過剰~に拒否したw守宮砂の点=生娘の証を発見。
前の芊芊、生みの親の小千も想定外の真面目要素あり、楽師たちは侍ってただけなのね。
設定ミス?って、どんどん「全知の神」力低下。

罪人のために嘘ついて!って激怒する城主当然よ、韓爍を呼べって連座なのね。

帰還がかかってるからやっぱり手段は選ばない、だって愛してるもん韓爍なしじゃ生きられない~!ママ~!とは言うとらんけども
って城主折れるんかい!溺愛って言われるわけだ。うむ
一応手綱握ってちゃんとしないと連帯責任な!とは言われたけども。

でもね、ママ城主実は楽しみにしてたのよ赤ちゃんのおもちゃなんか用意して、落ち込んじゃったよもー芊芊の親不孝者め。親は芊芊の方だなややこしい

桑奇はやっぱり出来る側近、またすぐ要るようになりますよってナイスなフォロー、この人ママ城主のこと…。

脚本の最後までこぎつけたい芊芊は戯作者にアドバイスを求めることにする

自分の書いたものからどんどん逸れてるからね、韓爍たちもママ城主たちも厄介。

幕僚自衛隊でしか聞いたことないが欲しいってちょっと大げさだけど、花垣の戯作者(脚本家)御三家招集。

これ友達の話なんだけど~なノリで、バナナりんごみかん昭和なセレクトに例えて説明。
バレるでしょと思ったけどそうでもないらしい。

物語を書くコツは安定した律動感、矛盾のない対立、ストーリーに不要な横筋の削除、ほー。
つまり要らんみかん=芊芊はバッサリってことだ。

相談してるうちに自ら答えが浮かぶのはよくある。
場面を一つ増やして女が男を救うストーリーにするって閃いた。

一計を案じた芊芊は韓爍をつれて教坊司へ行き林七に勝負しようと持ち掛ける

うざ七今日もびっくりするほど偉そう、名家で富豪なんだ、ふーん。

勝負はどっちが才藝があるか対決~!ぱちぱち~って韓爍了承してる?

対戦相手はNO.1楽師の蘇沐、ファンが詰めかけてるよ、いつの時代もファンの情報網早い。

離縁までちらつかせられたら龍骨のためやらざるをえないけど、寝取られてないけども事件の次は見世物扱いかー、ケバブられるよ。

ねっとりと芊芊の手を握る蘇沐、 芊芊は蘇沐にとって特別の存在みたいね、芊芊も目の保養ってニヤニヤ。
琴の名手なみたい、みんな聞きほれてるよ、どうする韓爍!

剣舞できたって言うか一択かも、くるくるくる~はお約束、お花まき散らしで観客受けもなかなか。
だけど、どう着地するつもりだったのか、芊芊目がけて一直線て。

韓爍が芊芊に刃を向けているところに楚々が割って入る

二郡主楚々が来るとか来ないとか言ってたのは、辱めを受けてる韓爍を救わせる白馬の郡主作戦だったのね、それ嬉しくなくない?
きれいに裏目に出て2人斬りあってるし。

姉とわかって事なきを得たけど韓爍の謎、急に扇子ジャッてやって顔隠すのは何?テクニック?

芊芊に殺意を抱いたなって楚々は韓爍を調教する気、どんどんずれてく筋書。
韓爍の衣脱がしちゃったよ、姉さまったら。肌着は着てますが何か?ちぇっ

裴恒がやってきて韓爍に無礼を働くなとたしなめる

「そこまでだ」ドンっ!白馬の王子来たよ、「無礼を働くな」これこそ待ってたセリフ。
このキャラは脚本家小千のお気に入りだったんだ、ふむ、君子って感じ。

あーうざ七も裴恒狙い、だからあそこまで命よ命こーわ!攻撃するんだな。

場を収めて楚々と韓爍それぞれフォローして、って芊芊さん作戦決行前に諸々チェックしましょう。

ん、君子の呼び出しくらった、横暴でわがままな芊芊のこと嫌いだって。ばっさり

各所大騒ぎで結婚したのになぜ韓爍を大事にしないそだね、 ずっと警戒したまま友達も話し相手もいない孤独な人を…そだな
なにこの思いやり、君子of君子じゃん、略して「カワウソ君」だな。略しとらんし
叱ってくれる系男子、花垣では貴重なんじゃない?

婚約破棄って言われて泣いちゃったよ芊芊、本当はタイミングずれただけなんだが。
元キャラの設定に泣くはないから、え!なになにちょっと待ってドキドキって映画のジャイアン的効果をもたらす。
本当は自分と重なったからだけどね、芊芊の方は誰とも気持ちを共有できない辛さもプラス。

好きなのに怒らないでって、これ告白と取られかねないけど。
芊芊が言うはずのない「ごめんなさい」もカ・ワ・ウ・ソハートでイェイイェイイェイェイイェイ♪申し訳ない
これはもう落ちたも同然なんじゃ…。

ちょこっとまとめ的な

ふふーん、四角関係に発展なんだろか。
誰を推そうかな、カワウソ君このままダークサイドに行ったりしなければ…、取りあえず1回疑っとく癖発動。
ちょっと湿度高めな蘇沐も訳ありっぽいがどうだろうう。

うざ七がストレスまき散らしてくる、カワウソ君が完全に芊芊の方を向いたらもっとかな、えーうんざりー。まだや

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました