成化十四年~都に咲く秘密~10話あらすじ感想ネタバレ

facebook.com/sleuthofshitposting
スポンサーリンク

ねじです。

前回は、懐柔失敗卑怯な手段黄大人。
朝まで?オイラト娘と心を通わせ始める唐泛。
ドナドナ事件は唐泛の活躍で無事解決。
この機を逃さない汪植の「持ちつ持たれつ」

ここからネタバレ注意!

オープンキッチンの店

偽物が安物の服着て語ってる、食べ物粗末にするのも不快。
手練れ(名前はいいか)も無銭飲食ってお約束かw。

ちょっと透明感ある焼きそば的なのが名物かな。

役所

新入りの罪人に毒、錦衣衛ってそこそこの毒には耐性あるんじゃなかったっけ?

ふっ、ばかめ、優しい隋州独り占めなんてしない。

お前が食え!手練れ容赦なし、敵に回したくない。

船室

汪ちゃん冬児なんか相手にしたら恥かくよ~w。

オイラトコンビなんで一緒に来たん?

だから言ったじゃん、鮭とば的なのかじりながら軽~くあしらわれたしw。
引き分けだって言い張る汪ちゃん可愛い。

放火?牢内全員虐殺か!

シミュレーション羊たちの沈黙作戦。
手練れは隋州のことしか命令されてないから義理はないんだけど、狙いは隋州で他の人は巻き添えだもんね。

船室

冬児は伝説の天才フム、もう1人の天才は…唐泛「言うなやー」ホクホク、自分ですけど何か?www

甲板

ほぼカップルの会話な唐泛とアハ、こんなかわいい性格&話し方とは。
唐泛の目が違う、もうこれ好きでしょ、ラブコメ定番の出会い方だったもんね、最初はいがみ合ってて…。

スポンサーリンク

穴掘ってたら火事、囚人の皆さーん!落ち着いてー無理か、やっとだ。

出られたー!と思ったら少年がいない、ここで躊躇なく戻るんだよ隋州は、もー中身も本当にイケメン。

黄大人と偽者

なんかわからんがこいつのせいにするらしい、それで済むか?

救出できた隋州

もーまた背中に傷増えたよ。キライジャナイ

船着き場

命令外だし目立てない汪ちゃんフム、けど下準備はしてくれたみたい。

ここでお別れオイラトコンビ…あっ!!骨マニアじゃなかった、箸接いでくれたんだ、そうだったのか、いい子じゃん。キラッテタクセニ

役所

呼ばれた偉い人3人、出た、「なんとか鼓」叩いたのは「都の役人ドウダー」唐泛です。
その余裕いつまでもつかな。

焼け落ちてる…、あのね、こんなタイミングで焼けるわけないやろ、不審すぎるわ!バカナノ?
火事だから逃げたのに皆殺しとか自分の焦りに気づいてないようだ。
ふっ、口封じの前に出頭してやったぜ。ドヤ!
そっかここで偽物の出番、だからの余裕。バカメ

役所

隋州の傷に心が痛い唐泛。
赤マント翻る汪ちゃん登場。バーーーン!
アホな黄大人はいいとして唐泛までどっちだ状態。

さすがだよ田中角栄みたい、状況楽しんでるでしょ。
今だ、袋の中身は…袋好きやなーw、でもなぜみんな開けずに我慢するのか。

帰りは馬

そういえば偽物はどうしたんだろ、無関係なただのそっくりさんだったのかな。

黄大人に水をやれる随州善良すぎる、なのに変な予言やめていただきたい。
[一時停止]“法を主とし情で補う”[再生]このフレーズ 後で何かあるん。

どこか牢

wwwどしたん?仮面で登場汪ちゃん、苦痛?あ被せた、羊たちの沈黙つながり。

まとめ

唐泛に恋の予感?

隋州、育ちがいいだけじゃなく死線をくぐり抜けてきてて揺るがないものを持ってる、けど善良すぎるのが不安。

多面体汪ちゃん、中心にあるのはどんなことか。

←9話へ   11話へ→

タイトルとURLをコピーしました